にゃんとっ!今年の夏はサマーカットも良いかもニャ☆

本格的に暑さが厳しい夏到来!
猫さん達にも暑さが辛い季節ですにゃー。
ということで、長毛種の猫さん達へサマーカットのご提案♡

 

#サマーカット

サマーカットと聞くと、チワワやトイプードルを思い浮かべますが、猫さんのサマーカットも可愛いんですよ♡

 

しっぽを残すカット

体はスッキリと短毛に、しっぽのみモフモフを残したカット☆動画なので分かりやすいですね!

 

 

全体的にカット

人間のヘアカットも技術が必要ですが、猫さんのカットも相当な技術を要するもの!ハサミで切るのは至難の業なんです!大人しい子であればバリカンも使えるかもしれませんが、バリカンの音を怖がってしまう場合もあるので、うちの子に合わせてカット法を選んでくださいね♪

 

ちなみにこの子はハサミで切ったver.
バリカンを使うと全体的に滑らかな仕上がりになります。

 

こんな感じ♡

 

 

ライオンカット

ライオンのように首回りのモフモフを残してあるんです♪よく見てもらうと分かるように、尻尾の先もふわふわの毛が残ってるんですよ!これ、本当に可愛いです♡当の本人は迷惑かもしれませんが(笑)

 

サマーカットって必要なの?

基本的には不要です。

猫さんの原種は砂漠生まれ。暑さには強いといわれています。ただし、暑さに強いとはいえ30℃位まで!ちなみに、砂漠にはない湿度に弱いと言われています。

 

日本の夏は、高温高湿度・・・
長毛種の猫さんのフワフワな毛に湿度が籠ることにより毛玉などが発生しやすくなるんです・・・

 

・サマーカットのメリットとしては、毛玉の心配がなくなること。
・デメリットとしては、毛が短くなることで日焼けしやすくなるということ。

 

長毛種で自分では毛づくろいが難しい子に関しては、サマーカットをすることで、毛に湿度が籠らず暑さを和らげるかと思います。

 

老猫さんには、お腹だけカットをしてあげるという方法もオススメ☆横になって寝ている時間が増える為、どうしても毛に湿度が籠りがちに・・・お腹だけをカットしてあげることで湿度が籠らず、また床などの冷たさを感じやすくなるんです♪

 

トリミングに連れていくの?

トリミングに取れていく前に、うちの子の性格をチェック☆

 

外に連れ出そうものなら、大暴れしてしまう子は難しいですよね…はたまた、文字通り「借りてきた猫」状態になってしまう子もいるかと思います。

うちの子はトリミングに連れていけるのかどうかは、飼い主さんならわかるはず。

 

また、すべての美容室でトリミングが可能とは限りません。猫さんの扱いに慣れていないトリマーさんだと、猫さんも暴れてしまう可能性が・・・病院や美容院に、予め猫のサマーカットの経験があるかを問い合わせた方がいいかと思います。正直なところ、猫さんお断りな美容室も多いので・・・

 

事前に問い合わせをしておくと、トリマーさん2人でカットしてくれます♪

こんな感じ

病院で毛玉だけカットしてもらうという手もありますよ♪

 

サマーカットを検討している飼い主さんも参考にしてみてください♪

 

人気のねこ

ねこワード