【ピュリナワン(猫用)】口コミや評判・成分と安全性を調査

ピュリナワン 猫用

ピュリナワンのキャットフードは、ホームセンターやスーパーなどでも手に入りやすく、いろんな種類のものが取り揃えられている点が人気の秘訣のようです。

しかし、成分表示をよく見てみると、優良とは言えないキケンな原材料が含まれている可能性が否定できません。

今回は、そういった点も踏まえて、ピュリナワンの原材料と成分を解説していくとともに、気になる良い口コミ・悪い口コミなども紹介します。

キャットフードおすすめランキング

ピュリナワンの良い口コミ

良い口コミ

これが一番!

★★★★★
無添加・無着色を基本に、いろんなフードを混ぜたり、交代したりしながら与えていますが、3匹ともこれが一番大好きで、他のものだと食べないようになってしまいました。
コスパもまあまあなので、リピしています。
(楽天市場より)

ローテーションのひとつに

★★★★★
与えていたフードをたまに残すようになり、そろそろ飽きてきたかな?という時に、ちょうど切れそうだったので、そのタイミングで購入しました。
味にうるさい猫なので、「美味」と記載しているこちらを選びましたが、予想より食いつきが良かったので、続けられそうです。
カロリーが高めのようですが、うちの猫は活動的なので、体重が増えることはなく、安定しています。
(Amazonより)

カロリーが高いけど

★★★★☆
私が嗅いでも香ばしい良い匂いで、猫も好きみたいですが、カロリーが高いのが気になります。
太めのうちの猫のメインフードにはできませんでしたが、食欲がない時には良いかもしれません。
(Amazonより)

バランスが良い

★★★★☆
「プレミアムキャットフード」よりランクは下がるかもしれませんが、手に入りやすいのと金額のバランスでこちらに落ち着きました。
とにかく猫たちも食べてくれるし、別のフードの時に悪化してしまった顎ニキビが治まったので、体質に合っているようです。
(Amazonより)

 

ピュリナワンの悪い口コミ

悪い口コミ

アレルギー性の下痢に

★★★☆☆
美味しいようなのですが、このフードが原因でアレルギー性の下痢になってしまったようなので、再購入はないです。
品質や賞味期限などにも問題はありませんでした。
(楽天市場より)

食べてくれなかった

★★☆☆☆
猫に良さそうだと思って購入しましたが、食べてくれません
仕方がないので、いつも食べてるものに混ぜて食べさせています。
(Amazonより)

吐き癖が改善されず

★★☆☆☆
前のフードでは頻繁に嘔吐し、病院で薦められた消化サポートのフードは食べてくれず、「美味」「消化吸収性が良い」と書いてあるこちらのフードを試しに与えてみました。
しかし、よく食べてくれるのですが、吐き癖は治らず。吐く回数は減ったものの、吐く様子が前より苦しそうなので使用をやめます。
(Amazonより)

 

ピュリナワンの口コミまとめ

ピュリナワンの良い口コミ、悪い口コミをそれぞれまとめてみました。

良い口コミ

【良い口コミ】
・無添加、無着色
・食いつきが良い
・カロリーが高いけど、食欲がない時には良い
・手に入りやすく、金額も高過ぎない
・顎ニキビが治まった

 

悪い口コミ

【悪い口コミ】
・アレルギー性の下痢になってしまった
・食べてくれなかった
・吐き癖が改善されなかった

 

ピュリナワンの原材料

ピュリナワンの原材料は以下の通りです。

”チキン、コーングルテンミール家禽ミール小麦粉、油脂類(牛脂、大豆油)、とうもろこし、フィッシュミール、大豆たんぱく、酵母、フィッシュパウダー、たんぱく加水分解物、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、カラメル色素、ピロリン酸ナトリウム、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、アミノ酸類(リジン、タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール
*合成着色料、香料は添加していません。”

× 米、小麦粉、とうもろこしなどの穀物類が多い

原材料のトップ表示は、”チキン”でありながら、米、コーングルテンミール、その後にも小麦粉やとうもろこしの記載が続くように、猫が苦手としている穀物類が多く配合されています。

完全肉食動物である猫にとって、穀物類の消化は体の負担となるため、できるだけ避けたい原材料の一つです。


 

× 家禽ミールはキケン

”家禽”とは、鶏類という意味ですが、あえて”チキン”と分けて表示している「家禽ミール」には要注意です。これらには、どのような状態の肉が使用されているのか不明であり、粗悪な材料が含まれている可能性が否定できません。こちらも猫の体を考えるなら避けたい原材料です。


 

天然の保存料を使用

猫の体に害を及ぼすのが発がん性があるとされている合成保存料です。

ピュリナワンには、プレミアムフードにもよく使われている天然由来の酸化防止剤(ミックストコフェロール)が使用されているため安心といえます。


 

ピュリナワンの成分

下記は、ピュリナワンの成分値を表にしたものです。

ピュリナワン成分値
タンパク質 33%以上
脂質 13%以上
10.0%以下
粗繊維 2%以下
灰分(ミネラル成分のこと) 8.5%以下
水分 12%以下
炭水化物 31.5%
カルシウム 1.3%
リン 1.1%
マグネシウム 0.09%
タウリン 0.15%以上
リノール酸 1.4%
ビタミンA 11000IU/kg
ビタミンE 100IU/kg
グルコサミン 400ppm
代謝エネルギー(100gあたり) 430kcal

※基本的にキャットフードの成分値には、炭水化物の表示がほとんどありませんが、次の計算式によっても、おおよその数値を求めることができます。

100-(タンパク質+脂質+繊維+灰分+水分)=炭水化物の含有量(%)

肉食の猫には、良質で高タンパクであり、低炭水化物のキャットフードが良いとされており、タンパク質の最低必要数が26~30%、炭水化物の上限が35%以下といわれています。

穀物類が多用されているせいか、ピュリナワンはタンパク質と炭水化物の割合がほぼ同じであり、高タンパク・低炭水化物とまでは言えませんが、基準の最低ラインはクリアできているといえます。
 

ピュリナワンのおすすめポイント

マグネシウムコントロールで尿路結石を予防

マグネシウムの割合が予防基準値(0.04~0.1%)の範囲内である約0.09%にコントロールされているため、猫に多いとされている尿路結石(FLUTD)の予防に配慮されているフードといえます。
 

ニーズに合ったラインアップ

ピュリナワンのキャットフードは、今回ピックアップしたもの以外にも、愛猫の年齢(成長段階)や、飼育環境・体調ケア、好みの味(フレーバー)に合わせたものが取り揃えられており、それぞれに適したフードが選べます。

ピュリナワン ラインアップ

 

ピュリナワンの危険度は?

ピュリナワンの危険性について調べてみました。下記は、猫の体に悪いとされる原材料の一覧です。

食用にならないくず肉などの4Dミート。猫の体に負担がかかるトウモロコシや麦類などの穀物

中でも怖いのが合成保存料です。発がん性があるとされているBHAやBHT。特にエトキシキンは、人間の食品添加物としては認められていない毒性の強い添加物です。

4Dミート(肉副産物) トウモロコシ(穀物) 麦類(穀物)
あり あり あり
BHA(合成保存料) BHT(合成保存料) エトキシキン(合成保存料)
なし なし なし
合成着色料 人工香料 人工調味料
なし なし なし
遺伝子組み換え原材料 成長ホルモン剤 ビートパルプ
不明 不明 なし
ピュリナワンの危険度は「

化学的な添加物は使用されていませんが、4Dミートの危険性が否定できない点、穀物類が多用されている点が残念です。
 

ピュリナワンの評価まとめ

ピュリナワンのキャットフードが選ばれている理由は、

化学的な添加物が使用されておらず、ある程度の品質が保たれている

ホームセンターやスーパー、amazonなどの通販サイトでも取り扱いが多く、入手しやすい

という点だといえそうですが、

粗悪な材料が使われている危険性がある

猫が苦手とする穀物類が多用されている

という点が気になります。

与える際は、穀物が体の負担になっていないか、アレルギーの症状が出ていないかなど、愛猫の様子をしっかり観察しながら、与えてほしいと思います。
 

人気のねこ

ねこワード