猫の食事の回数や安心安全な餌の種類と選び方

安心安全な猫餌の種類と選び方!回数や量、おすすめは?

安心安全な猫餌の種類と選び方

「愛しの猫さんには安心安全な餌を食べさせたい!」

愛猫家さんであれば誰もがそう思いますよね。

猫は自分で健康管理をする事ができません。
その為、猫の餌は常に一定で、安定した栄養成分が含まれている必要があります。
けれど、フードの種類が多過ぎて猫にとってどれが本当に安全な餌なのか、選ぶのが難しいのも事実。

「何を選んで良いのか分からない」
「せっかく選んだのに食べてくれない」

と嘆いている飼い主さんも少なくないと思います。

更に

・餌を残すようになった
・餌を食べたら吐く
・すぐ餌に飽きる

etc

なかなか餌を食べてくれない猫さんに手こずっている飼い主さんも多いことでしょう。
特に食が細い猫さんの場合は、余計心配になりますよね。

そもそも猫の餌を選ぶ時にはどんな事に気をつけたら良いのでしょうか。

そこで今回は、猫ライフに最も重要であろう「猫の餌」について大調査!

ペットフード安全法やフードに関するアンケート結果等を踏まえた、安心安全な猫餌の種類や選び方、餌の回数や量、おすすめのフードランキングまで。
猫が餌を吐いたり、飽きた時の対処法も合わせてご紹介します。

ペットフード選びで最重要視するのは「栄養面」

ペット総研が行った「ペットフード選びの基準に関するアンケート」結果によると、30.3%の飼い主さんがペットフードを選ぶ際に最も重視するのは『栄養面』と回答。
次いで「安全性」(28.8%)、「嗜好性」(16.1%)と続きます。

更に、「価格帯」と回答した人は10.3%。

ほとんどの飼い主さんが、ペットフードを選ぶ基準は価格ではなく、栄養面・安全性といった健康面を重視している事が分かります。

Q.ペットフードを選ぶ上で一番重視しているポイントは?
★Q.ペットフードを選ぶ上で一番重視しているポイントは?
Q.次のうち、フードのパッケージで一番注目するポイントは?
★Q.次のうち、フードのパッケージで一番注目するポイントは?

パッケージで最も注目するポイントについては、「原材料・成分値」に注目する飼い主さんが35.1%とトップ。
ペットフードを選ぶ上で最重要視しているのが「栄養面」である事とリンクする結果になっています。
次いで「原産国」(20.2%)、「総合栄養食の記載」(9.7%)と続きます。

Q.あなたがペットフードの安全性の指標としているのは?

(複数回答可)

★Q.あなたがペットフードの安全性の指標は?

安全性の指標に関しては、63.5%の人が「安心できる原産国」と回答。
次いで「信頼できるメーカー」(9.3%)、「各原材料の産地の開示」(9.2%)と続いています。

ペットフード安全法って知ってる?

2009年に施行された、ペットフードの安全確保のための「ペットフード安全法」を知っていますか?
という問いに対して、8割近くの人が「知らない」という結果に。

*初めて知った:510人
*なんとなく聞いたことがある:350人
*知ってはいるが、内容は詳しく知らない:368人
*知っていて、内容も理解している:172人
アンケート出典:ペットフード選びの基準2014
アンケート実施期間:2014/10/1~11/4
有効回答者:1381名(女性860名/男性521名)

ペットフード安全法とは?

ペットフード安全法とは、環境省と農林水産省共管のもと、ペットフードの安全性の確保を目的として平成21年6月1日に施行された法律。
対象となるのは、犬と猫のペットフードです。

★経緯

平成19年にアメリカで有害物質のメラニンが混入したペットフードが原因で多数の犬猫が死亡。
その年の6月には、日本でも同じペットフードが輸入販売されていた事が判明しました。
この事を受け、日本でもペットフードの安全に関する法規制の必要性が高まったのです。

★ペットフード安全法の目的

ペットフードの安全性の確保を図り、ペットの健康を保護し、動物の愛護に寄与する。

★定義

ペットフードとは、犬猫の栄養に供することを目的として使用されるもの。
事業者とは、製造業者、輸入業者、販売業者をいう。

★基準・規格に合わないペットフードの製造等の禁止

国は安全なペットフードのための製造基準、表示基準、成分規格を設定できる。

★有害な物質を含むペットフード製造等の禁止

ペットの健康被害を防止する必要が認められたとき、国は有害な物質を含むペットフードの製造・輸入・販売を禁止できる。

★規制の対象となる例

一般栄養食(主食タイプ)、一般食(おかずタイプ)、おやつ、スナック、ガム、生肉、サプリメント、ミネラルウォーター

ペットフードの異常に気づいたら

ペットフードの色や臭いの違いは、品質変化によるもので、必ずしも安全性に直結するとは断言できません。
原因としては、原材料の変更等や保管中の品質劣化など様々なことが考えられます。
同じ製品で他にも問題が発生しているかどうか確認するのであれば、パッケージに表示された事業者に問い合わせると良いでしょう。

もしも猫がフードを食べた後、嘔吐や下痢、吐血などの症状が出た場合は、早めに獣医師に診てもらって下さいね。

出典&参考サイト:『ペットフード安全法のあらまし』

猫の餌の種類

猫の餌の種類

猫用の餌は、その目的により大きく次の3つに分かれています。

★総合栄養食

主食となる餌。
このフードと水だけで必要とされる栄養素が摂取できるように作られています。

★間食

おやつとして与える餌。
本来、栄養素補給としては必要ありませんが、ペットのしつけやご褒美として与える意図で作られています。

★その他の目的食

上記の総合栄養食・間食のいずれかに該当しない餌。
特定の栄養素やカロリーの補給などを目的として与えるフードです。

猫の餌の区分

更に、猫の餌はドライ、セミモイスト、ウエットなどの形状によって区分されています。

★ドライフード

製品水分10%程度以下のフード。
過熱発泡処理された固形状のものがほとんど。

★ソフトドライフード

製品水分25~35%程度のフードで、過熱発泡処理されています。
しっとりさを保つために湿潤調整剤を使用します。

★セミモイストフード

製品水分25~35%のフードで、押し出し機などで製造され、発泡していないものです。
しっとりさを保つために湿潤調整剤を使用します。

★ウエットフード

水分75%程度で、品質保持のために殺菌工程を経て作られたフード。
缶詰タイプやレトルトパウチタイプなどがあります。

ドライフードとウエットフード

以上のように猫の餌は大きく分けるとドライタイプとウエットタイプの2種類があります。
それぞれの特徴やメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

★ドライタイプのキャットフードの特徴

*メリット
*長期的な保存が可能
*栄養素がバランス良く凝縮されている

ドライタイプの餌は、ウエットタイプに比べると安価で、湿気にさえ注意すれば長期間の保存が可能です。

また、必要な栄養素がバランスよく凝縮されているだけでなく、カリカリと歯で噛み砕く事で顎の力や歯石の除去といった歯の衛生管理にも役立ちます。

ドライフード
*デメリット
*水分を別に摂る必要がある
*匂いが少なく、喰いつきが悪い

デメリットは水分をフードとは別に摂る必要がある点です。
元々猫は腎臓が弱い動物なので、水分不足のままドライフードを食べ続けると「腎臓病」を引き起こすリスクが高くなるそう。

ドライフードを与える際は、必ずたっぷりのお水を用意してあげてくださいね。

また、ドライタイプのキャットフードは乾燥状態の為あまり匂いがしません。
グルメな猫さんの場合は、美味しそうな匂いがしないので食いつきが悪い子もいるようです。

★ウエットタイプのキャットフードの特徴

*メリット
*高タンパク
*食いつきが良い
*歯の弱い猫でも食べやすい

ドライタイプより柔らかくて高タンパクなので、少量でもしっかりエネルギーを摂取する事が可能。

特に歯の弱い子猫や、高齢の猫にオススメです。

また、猫の食欲をそそる香りが強いので、猫が餌に飽きて食べてくれない時等に与えると食欲が改善する事が多い様です。

ウエットフード
出典:Wikipedia猫缶
*デメリット
*傷みやすく長持ちしない
*価格が高い

ドライフードと比べて水分を多く含むので、傷みやすくて長持ちしません。
特に夏場は劣化が早いので注意が必要です。

また、一般的にドライフードより値段が高く設定されています。
ただ、少量で済む為ランニングコスト的にはドライフードと大差ありません。

猫餌のメインはドライフードがオススメ!

ドライフードはウエットフードに比べて賞味期限が長く、傷みにくいのが特徴です。
愛猫の歯の衛生管理も合わせて考慮すると、猫の餌のベースはドライフードがオススメです。

餌の基本をドライにして、時々ウエットフードで変化を持たせるなどして猫が餌に飽きないようにしてあげると良いでしょう。
もちろん、お気に入りのフードを色々用意しておいてローテーションで食べさせても構いません。

その他の目的食

猫の餌には、他にも次のような目的で作られたフードがあります。

★副食・おかずタイプ

嗜好増進等の目的で与えるフード。
一般食やおかずタイプ、副食、ふりかけ等と表示されます。

★栄養補助食

特定の栄養の調整やカロリーの補給などを目的としたフード。
栄養補完食、カロリー補給食、動物用栄養補助食(動物用サプリメント)等と表示されます。

★特別療養食

栄養成分の量や比率などを調整して、猫の特定疾患・疾病等に対し「食事療法」として作られたフード。
特別療養食、食事療法食と表示されます。

★機能別での分類

猫の餌における機能性フードとしては、肥満対策のダイエットフードや猫の毛玉対策フード等があります。

出典:ペットフード協会/ペットフードの種類

ライフステージ別での餌分類

猫の餌は下記の様な成長段階に合わせたフードを選択する必要があります。

ライフステージ別での餌分類

★妊娠期・授乳期用フード

生後4週齢前後までの子猫用のフード。
いわゆる代用乳。猫の母乳を成分をもとにした粉ミルクや液状のミルクです。
非常に栄養価が高い為、妊娠~授乳中の母猫の補助食としても与えます。

★幼児期・成長期用フード

①生後8週齢前後まで

俗にいう離乳食。
離乳期にはいきなり粒状のペットフードを与えるはNG。
フレーク状や粉末状のものをペーストにしたものやウエットタイプ等、子猫でも食べやすく、消化吸収の良いものを与えて慣らすことが必要です。

②1歳まで

幼猫食成長期又はグロースと表示されます。
発育に必要とされるビタミン、ミネラルとアミノ酸などが強化され、十分なタンパク質や脂質などが取れるように作られた栄養総合食です。

★維持期フード

①1歳から6~8歳前後まで(個体ごとで異なる)

成猫用と表示され、様々なフードが存在しています。

②6~8歳以降から

高齢猫食。
人間と同じく猫社会でも高齢猫が増加しており、注目されている領域です。
運動量や代謝が低下するので低脂肪・低カロリーのもの、各機能の低下に配慮して配合比率を調整したもの、補完のために機能性原材料を各種加えたものなど多種多様です。

出典:ペットフード協会/ペットフードの種類

猫のフード別取り扱い方法と注意点

猫にいつも新鮮な餌を与える為にも、餌の保管方法には十分配慮する事が大切です。
ドライ、ウエット、セミモイストなど、猫の餌の種類毎に取り扱いや保管方法の注意点も異なります。

★乾燥した粒状のドライフード

開封後は袋の封をしっかりして、直射日光を避け温度や湿度の低い場所で保存しましょう。
目安としては1ヶ月以内に使い切るようにした方が安全です。

また冷蔵庫に保管し出し入れすると、餌の表面に結露が出来るのでかび等の発生原因となるので要注意です。
餌入れに出す際に入れ過ぎないようにし、時間が経ったものは取り変える習慣を。

★缶詰やレトルトパウチなどのウエットフード

餌入れに出した後は、風味や品質の劣化が早いので出しっぱなしは避けましょう。
給与時間の目安は20分程度。

開封時に食べきれない分は別容器に移し替えて冷蔵庫に保管し、その日中に使い切った方がベター。
小分け冷凍保存して都度解凍して与える場合は、風味の変化に注意が必要です。

★ジャーキーやセサミなどのセミモイストタイプのスナックフード

密封包装された製品を開封後、余った分はしっかり封をして冷蔵庫にて保管しましょう。
目安としては2週間程度で使いきる事。
袋に入っている脱酸素剤は、開封後効力が無くなる事を忘れないで下さいね。

出典:環境省/ペットフード安全法のあらまし

猫の餌入れはいつも清潔に

餌だけでなく、餌入れやフードを入れる時に使う器具類の衛生面にも気をつけましょう。
猫の食べ残しや水は、微生物の格好の繁殖場所です!
使い終わった餌入れや器具類は、キレイに洗ってしっかり乾燥させましょう。
また、猫の餌入れや食べ残しを処理した後は必ず石鹸で手を洗うようにして下さいね。

猫に安心安全な餌の選び方

大切な猫さんに元気で長生きしてもらう為にも、キャットフードを選ぶ時のチェックポイントを7つご紹介します。

猫に安心安全な餌の選び方

1)粗悪な原材料が入っていないか

安価なキャットフードの中には、人間が食べてはいけない品質の肉(4Dミート)が使われている場合があります。

原材料成分に次のような表示があれば、人間が食べられない品質の肉や内臓などを使用している可能性があります。
愛猫の健康を考えるのであれば、成分表をしっかりチェックするようにしましょう。

*家禽ミール
*ミートミール
*家禽副産物
など、使用している部位やメーカーによって表現はまちまちですが、どれも人間が食べる事が出来ない粗悪な肉類の事です。
★4Dミートとは

4Dミートとは、下記の英単語の頭文字である4つのDを合わせて呼ぶ、食品として不適格な肉類の事です。

「Dead(死んだ)」
「Dying(死にかけている)」
「Diseased(病気の)」
「Disabled(けがをした)」
★家禽ミールとは

家禽(かきん)とは、食用に育てられている鶏や七面鳥、アヒル等を指します。
しかし、「家禽ミール」「家禽副産物」「ミートミール」という表記には注意が必要です。

家禽ミール・家禽副産物・ミートミールとは、食用以外のくず肉、内臓や骨粉を細かくすり潰したものを指します。
具体的には次のような部分が該当します。

皮、腱、神経、血管、脂肪、血液、羽毛、足、爪、角、歯、糞、頭、胃腸(含有物を除く)、内臓など

このような聞いただけでゾッとするような内容物を、原材料として堂々と表記できるワケがありません。
だから、成分表には「家禽ミール」や「家禽副産物」等の曖昧な表記で誤魔化しているのです!

★素材の入手過程が不明だからこそ怖い!

これらの素材はどんな状態で入手されたのか分かりませんよね。

病死や事故死した動物の死骸に、家禽ミールを混ぜて作られているかもしれません(怖)。
極端に安価なフードは、材料費を抑える為に、こうした粗悪な内容物を使用している可能性は否定できません。

★原材料のトップ表示をチェック!

原材料が安全かどうかをチェックするには、パッケージに表示されている原材料のトップを見てみましょう。
ここには配合率の高いものから順に表示されるので、原材料のトップに 家禽ミール等では無く、鶏肉(チキン)、サーモンといった材料名がきちんと表記されているものを選ぶのがポイントです。

2)良質なタンパク質や脂肪は必要不可欠!

猫は肉食動物なので、人間や犬よりも多くのタンパク質や脂肪が必要です。
その為、良質なタンパク質を摂れることがフード選びにおいて最も重要なポイントになります。

中でも次の3つの成分は、猫が体内で作る事が出来ない為、餌でしっかり摂取しなくてはいけません。

★タウリン

猫は人間や犬と異なり、体内でタウリンを作る事ができません。

猫の必須アミノ酸のひとつであるタウリンが不足すると、目の障害や心臓疾患を引き起こしてしまう恐れがあります。

★アラキドン酸

また、猫は必須脂肪酸であるリノ―ル酸からアラキドン酸を体内で生成することができません。
タウリン同じくアラキドン酸も、肉や魚の動物性食品にしか含まれていません。

★ビタミンA

更に、猫は野菜に含まれるカロチンを分解してビタミンAを摂取する機能がありません。
よって、ビタミンAもビタミンAを含む動物性食品から摂取する他ありません。

このように、猫にとってタンパク質や脂肪といった動物性食品は必要不可欠な栄養素なのです。
人間が食べても安全な程の品質と鮮度を保ったフードや、使用している原材料をきちんと明記している餌を選ぶと安心です。

3)炭水化物の含有量が多くないかどうか

猫は炭水化物に含まれるデンプンを吸収する能力が、犬よりも2.5倍もあるといわれています。
その為、炭水化物を過剰に摂取していると栄養バランスが偏り、内臓に負担をかけてしまいます。
猫の健康を保つ為にも、出来れば摂取エネルギーの半分以下に留めるのが望ましいとされています。

キャットフード毎に炭水化物の含有量は異なる為、次の点をチェックして過剰摂取を避けましょう。

①キャットフードの炭水化物量を調べる

炭水化物として表示されているものをキャットフードのパッケージでチェックして下さい。
炭水化物の表示をしていないフードは自分で計算する必要があります。

例)100-(タンパク質+脂質+繊維+灰分+水分)=炭水化物の含有量(%)
②愛猫が1日に必要な炭水化物量を調べる

どんな猫種でも、必要とする炭水化物の上限は「35%」とされています。
過剰摂取している場合は、100gあたりの炭水化物が低いフードに変更することをおススメします。

4)グレインフリーの餌かどうか

グレインフリーとは、トウモロコシや小麦などの穀物が使われていないフードの事。
元々肉食動物の猫は、穀物を消化できないので食事の度に消化器官に負担をかけてしまいます。

よって、トウモロコシや小麦などの穀物が原材料のトップに表記されているフードは避けた方が無難です。

但し、食物繊維が豊富なお米は、猫のお腹に溜まった毛玉を取り出す効果があるので少量であればオススメです。

たとえグレインフリーであっても、着色料や酸化防止剤などが入っていないかは必ず確認して下さいね。

5)有害な添加物が入っていないか

猫の餌には有害な添加物が多く含まれている場合があります。

原材料に着色料香料pH調整剤が入っているフードは避けましょう。
酸化防止剤(防腐剤)は、ローズマリーやミックストコロフェロールの抽出物など、天然由来成分を使用している餌を選ぶと安心です。 

但し、BHABHTエトキシンは発ガン性の危険があるので、必ずパッケージ表示でチェックするようにしましょう。

6)尿路疾患対応の餌かどうか

尿路疾患とは、尿結石、血尿、尿道閉塞など猫の尿路に関する様々な病気の総称です。

そして、中でも猫の発症率が高い病気と言えば真っ先に上がるのが「尿路結石」
慢性的に膀胱炎を起こすだけでなく、完全に尿道に詰まり尿毒症になると命を脅かす重篤な病気です。

性別に関係無く発症しますが、特にオス猫の場合は尿道が細くS字に曲がっている為、結石が詰まりやすいので注意が必要です。

よって、普段から尿路疾患のリスクに配慮した餌を与える事をオススメします。
尿路結石の原因となる尿のpH値を安定させるクランベリー等の自然素材を配合した餌を選ぶと良いでしょう。

但し、尿路結石を発症した猫の場合は必ず獣医師の指示に従って、治療と再発防止を目的とした『療法食』を与えるようにして下さいね。

また、猫の餌だけでなく、飲み水やトイレが汚れていたり、慢性的に運動不足だったりすると尿路疾患のリスクが高まる可能性があると言われています。

7)賞味期限が長すぎないか

賞味期限が長い餌は保存料などが多く入っている場合がほとんど。
ドライフードは1ヶ月、ウエットフードは開封から1~2日で食べられる餌を選んだ方が安全です。

国産フードより外国産の方が安全!?

私達人間が食べる食材と同じように猫の餌も国産の方が安全というイメージがありますが、ペットフードに関しては必ずしもそうとは言えません。

日本では、ひと昔前まで猫や犬の餌と言えば人間の食べ残しを与えていました。

一方、ペットの本場であり、ペットフード最先進国の欧米・欧州ではペットフードに関する法的整備も進んでいます。
その為、厳しい安全基準をクリアしたこだわりフードが多いのは当然の事です。

但し、海外から輸入されるペットフードの場合は長時間輸送を考慮して保存料等が多く含まれている場合もあります。

「国産だから」「外国産だから」といった原産国では無く、原材料や成分、製造方法等にこそ目を向ける必要があります。

猫に安心安全なおすすめフードランキング

では、猫に安心して与えられるキャットフードはどれ?

という事で、ここまで紹介してきた点を踏まえて、猫の餌として安心安全なおすすめのフード3点をランキング形式でご紹介します!

3点とも、肉副産物、穀物、人工添加物、人工保存料等は一切不使用!
尿路疾患対応の安心安全な高品質フードです♪

★【1位】カナガンキャットフード

『カナガンキャットフード』は、国際規格「SAI GLOBAL」のクラスA取得の最高級フード。
人間が食べても安全な原材料を使い、その安全性と栄養価の高さは獣医師のお墨付き!
価格:4,227円(通常購入)/3,849円(定期購入)

カナガン公式サイトで購入する

★【2位】オリジン キャット&キティ

3年連続ペットオブザイヤー受賞の『オリジン』は、世界50カ国以上で愛されるペットフード。
高たんぱく低炭水化物で、肉80%、果物&野菜20%、穀類0%という理想的な成分比率で構成されています。
猫用は写真の「キャット&キティ」の他に、お魚ベースの「6フィッシュ猫用」もアリ。

価格:1,240円(340g)/6,242円(2.27kg)/12,852円(6.8kg)

オリジン公式サイトで購入する

★【3位】シンプリーキャットフード

動物栄養学者と共同開発された 『シンプリーキャットフード』は、世界中で販売累計100万袋以上の実力派フード。
サーモンが主原料だから、鶏アレルギーの猫さんでも安心。低カロリー&高タンパクなので老猫や肥満気味の猫さんにも!
価格:3,960円(通常価格)/3,564円(定期購入)

シンプリー公式サイトで購入する

猫に餌を与える時の注意点

猫の餌は、1日あたりの必要エネルギー量を目安に、与える食事にどのくらいカロリーが含まれるかで1日の給与量を算出し、それを食事回数で割って1日あたりの量を決めます。
また、市販のペットフードを与える場合には、パッケージに記載されている量を目安として、猫の体重や健康状態に合わせて調整しましょう。

猫に餌を与える時の注意点

猫の餌のカロリー計算法

キャットフードのカロリー計算は次のように計算します。

適正体重×60~80kcal=1日に必要なカロリー
例)体重が5kgの猫の場合
5kg×60~80kcal=200~320kcal

但し、これはその猫の実際の体重では無く「適正体重」なので注意が必要です。
適正体重が3kgで実際は5kgの猫の場合、実際に必要な1日のカロリーは180~240kcalになるので20~80kcal分カロリーオーバーになってしまいます。

★適正体重とは

では適正体重とはどうやって調べたら良いのでしょう。

猫の場合、1歳の誕生日頃(成長期が終わる)の体重がその猫の適正体重だと言われています。
そして、肥満とはこの適正体重の120%を超えた状態を指すとの事。

つまり1歳時に4kgだった猫が5kgを超えると肥満という計算になります。
但しメインクーンなど成長期が長い猫には当てはまりません。

猫の1歳時の体重が分らない場合は、予防接種等をした動物病院に記録が残っている場合もあります。
定期健診もかねて動物病院で確認してみると良いでしょう。
その際、食事や運動のアドバイスもしてもらうと安心ですね。

ちなみに、猫の肥満度を調べるには、猫の体に触れて判断するボディコンシャススコア(BSC)というチェック方法もあります。

猫に与える餌の回数や量

猫に与える餌の回数や量は、成長段階によって異なります。

また、猫のライフステージによって必要エネルギーが異なるので、各成長段階に合わせたフードを与える事が大切です。

ここでは、子猫・成猫・老猫・妊娠&授乳中の猫・肥満の猫といった5つの成長パターンに合わせた猫餌の回数と量について紹介します。

①子猫に与える餌の回数や量

★子猫に与える餌の回数

子猫の場合は、生後約2週目辺りから離乳食を始め、生後8週目以降から子猫用のフードを与えます。

子猫は生後約1年で成猫とほぼ同じ位に成長するので、この期間はより多くのエネルギーが必要です。
とはいえ、まだ体も胃も小さく1回に食べられる量が限られている為、高タンパクで消化の良い餌を1日3~4回に分けて与えるようにしましょう。

子猫のエネルギー量は次のように計算します。

猫の体重×80Kcal=1日の摂取エネルギー量÷食事回数=1回の食事量
例)1Kgの子猫で1日に4回与える場合
1kg×80kcal=80kcal÷4回=20kcal

100g400kcalの餌の場合、1回の量は約5g

という計算になります。

②成猫に与える餌の回数や量

★成猫に与える餌の回数

成猫の餌の回数は1日1~3回が目安ですが、出来れば朝夕の2回が望ましいと言われています。
理由としては次の2点があげられます。

①空腹の時間が長いと胃液や胆汁を吐く事がある。
②体が飢餓状態だと勘違いし、必要以上に脂肪を溜め込み肥満の原因になる。
★成猫に与える餌の量

成猫のエネルギー量を計算してみましょう。

猫の体重×60~80Kcal=1日の摂取エネルギー量÷食事回数=1回の食事量
例)4Kgの成猫で1日に2回与える場合
4kg×60kcal=240kcal÷2回=120kcal
4kg×80kcal=320kcal÷2回=160kcal

100g350kcalの餌の場合、1回の量は約34~46g

という計算になります。

③老猫に与える餌の回数や量

★老猫に与える餌の回数

老猫になると基礎代謝が落ちる為、消化機能が低下したり太りやすくなります。
もちろん個体差があるので、老猫の場合の1日の食事回数は1~4回程度と幅を持たせて様子を見ましょう。

★老猫に与える餌の量

老猫のエネルギー量を計算してみましょう。

猫の体重×60Kcal=1日の摂取エネルギー量÷食事回数=1回の食事量
例)4Kgの老猫で1日に3回与える場合
4kg×60kcal=240kcal÷3回=80kcal

100g350kcalの餌の場合、1回の量は約23g

という計算になります。

また、腎臓や心臓など内臓の働きも落ちてくるので、塩分やミネラルの取り過ぎにも注意が必要です。
特におやつの食べ過ぎには注意してあげましょう。

④妊娠中の猫に与える餌の回数や量

★妊娠中の猫に与える餌の回数

妊娠中や授乳中の猫の場合は、通常の約2~4倍程度のエネルギーが必要と言われています。
けれどお腹の赤ちゃんが成長するにつれ、胃が圧迫されて一度に多くの餌を食べられなくなってしまいます。
その為、猫の様子を見ながら1日に与える餌の回数を2~4回の間で調整してみましょう。

★妊娠中の猫に与える餌の量

妊娠中の猫のエネルギー量を計算してみましょう。

(猫の体重×60~80Kcal)×2~4倍=1日の摂取エネルギー量÷食事回数=1回の食事量
例)4Kgの妊娠中の猫で1日に3回与える場合
(4kg×60kcal)×2倍=560kcal÷3回=187kcal
(4kg×80kcal)×4倍=1280kcal÷3回=427kcal

100g350kcalの餌の場合、1回の量は約53~122g

という計算になります。

⑤肥満の猫に与える餌の回数や量

★肥満猫に与える餌の回数

肥満の猫の場合は、カロリーオフのダイエットフードを与える事で1日の摂取カロリーをコントロールする必要があります。
その際、1日のトータル量は変えずに、餌の回数を3~4回に分けて与えるのがポイントのようです。

★肥満猫に与える餌の量

肥満猫のエネルギー量を計算してみましょう。

猫の体重×40Kcal=1日の摂取エネルギー量÷食事回数=1回の食事量
例)4Kgの妊娠中の猫で1日に3回与える場合
4kg×40kcal=160kcal÷3回=53kcal

100g300kcalの餌の場合、1回の量は約18g
という計算になります。

猫のおやつの量や回数

猫のおやつも餌と同じく、パッケージに表示されている1日の給与量を守りましょう。
基本的なおやつの量は、1日に必要なカロリーの20%以内に抑える事が推奨されています。

おやつを与え過ぎると肝心のフードを食べなくなり、栄養バランスが崩れる可能性があるので注意が必要です。

★ウェルネス キトルズ サーモン(クランベリー入り)

オーナーはもちろん、獣医師や専門機関からの信頼も厚いウェルペット社の厳選自然素材を使用したおやつ。
第一原材料に動物性たんぱく質(サーモン)を使用。
肉副産物・穀物・人工保存料・着色料・香料は一切使用していないから安心♡
1粒2カロリー以下でご褒美のおやつとして最適です。

価格:594円(1袋に約150個入)

Amazonで購入する

人間の食べ物を猫に与えると危険!

飼い主さんが食べている物を可愛い顔と鳴き声でおねだりされると、ついあげたくなってしまいますよね。
でもここは愛する猫さんの健康の為に我慢のしどころです。

人間が普段食べている食品でも、次のように猫にとっては健康を脅かす物があります。
愛猫に元気で長生きしてもらう為にも、きちんと把握しておきましょう。

人間の食べ物を猫に与えるのは危険

★塩分の過剰摂取に繋がる

猫は、人間と違ってエクリン汗腺が肉球にしか無い為、余分な塩分を汗によって体外に出す事が出来ません。

人間が普段食べているハムやソーセージ、チーズや総菜などを食べさせてしまうと、塩分の過剰摂取に繋がります。
結果、心臓や腎臓に負担をかけてしまうことになります。

★猫に有害な食べ物がある

玉葱に代表されるように、人間が普通に食べる食材で猫が中毒を起こす場合があります。
チョコレート等のカカオ類に含まれるテオプロミンという成分も、猫にとって有害である事が分っています。

特に次の11点はアレルギーや内臓疾患などの原因となる恐れがあるので注意してくださいね。

・ネギ類(玉葱・長ネギなど)
・ニンニク・ミョウガ・ニラ
・カカオ類
・ブドウ・レーズン
・アボガド
・アワビ、サザエ等の貝類
・生魚・生イカ・生タコ
・非加熱の甲殻類
・生の豚肉
・牛乳
・生の卵白
など

猫の餌を手作りする場合

猫の餌を手作りする飼い主さんも少なくありません。
ここでは猫の餌を手作りする場合のメリットとデメリット、そして注意点について紹介します。

★猫の餌を手作りする場合のメリット

猫の餌を手作りする場合の最大のメリットは、愛猫に安全で愛情たっぷりの食事を与えられる点です。
猫にとって危険な添加物や保存料等が入ったフードを使わなくて済むと同時に、猫が味に飽きても臨機応変に対応し易い点もポイントです。


猫さんが、手作りゴハンをこんな風に美味しそうに食べてくれたら幸せですよね♡

★猫の餌を手作りする場合のデメリット

猫に必要な栄養素は人間のそれとは大きく異なります。
その為、猫の総合栄養食を作るのはとても難しく、かなりの時間と手間を要します。

また、飼い主さんの留守中や病気、猫の入院等で餌を作れない状況になった場合に、猫は他の餌を食べなくなってしまうという危険性があります。

上記の点を踏まえ、猫の餌を手作りする場合は手作りオンリーにしてしまわない方が良いようです。
猫の食欲が落ちてきた時や1食置きなど、キャットフードと手作りご飯をバランス良く与える方が、猫にとっても飼い主さんにとってもベストかもしれません。

★猫の餌を手作りする時の注意点

猫の餌を手作りする場合には、猫に必要な栄養素やその量、与えてよい食材と悪い食材等を良く理解しておく必要があります。
その上で、タンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラル量などの栄養バランスに注意して作りましょう。

★猫の手作りごはんレシピ(比内地鶏)

比内地鶏もも肉、パプリカ、アスパラガス、キヌア、ウズラの卵黄を使った猫の手作りごはん。
モモちゃんが美味しそうに食べてます!

nao miさんのブログ「保護猫モモ&ナナのブログ!」でも、色々な猫ご飯レシピの詳細を見る事ができますよ。

猫が餌を吐く原因と対策

猫が元気なのに餌を食べた後に吐くのは何故?吐き癖なの?

猫は犬と比べるとよく吐く動物と言われていますが、その場で急に慌てない為にも猫が吐く原因とその対策について見て行きましょう。

猫が餌を吐く原因と対策

①毛玉が原因で吐く

猫が吐く原因で最も多いのが毛玉です。
胃に溜まった毛玉を取る為に食す猫草の代わりに、ドライフードを利用しているとも言われています。

猫が頻回に吐くと、毛玉ケア用の餌に変えた方が良いのかなと思いますよね。
しかし、残念ながら現在国内で販売されている毛玉ケアフードには、猫の内臓に負担をかける「穀物」が多く使用されている為、あまりおススメできません。

それよりも、栄養と消化のバランスの取れた安全な餌と新鮮な猫草を与えてあげた方が猫さんの健康の為には良いと思いますよ。

★安心安全ねこの草(猫草)『ニャッパ』

化学肥料を使わない有機無農薬栽培で作る猫草!
だから猫さんにも安心♡
高品質堆肥で作った特製の容器で環境にも優しい点も◎。
価格:700円

Amazonで購入する

②猫の餌との相性が悪い

キャットフードと言っても、各メーカーによって原料や添加物の組み合わせは様々です。
よって、フードの素材や添加物が合わずに吐いてしまう猫は少なくありません。

油分が多い餌や、添加物がたくさん入った安価なキャットフードを与えていると例え美味しそうに食べていても、身体が拒絶反応を起こして吐いてしまう場合があります。

その為、吐き癖がある猫さんは一度餌を変えてみることをおススメします。

特に高齢になった猫の餌には注意が必要です。
脂質の多いフードは、高齢の猫の内臓に負担をかけてしまうので猫の年齢に合わせた餌を選ぶようにしましょう。

③餌の粒が大き過ぎる

猫はトラ等と同じ肉食動物の為、餌のほとんどを噛まずに丸呑みします。

その為フードの粒が大きいと咽喉に引っ掛かって吐いてしまう事もあります。
そんな時は食べやすい小さめの粒の餌に切り替えてあげましょう。

③餌の早食いが原因で吐く

早食いが原因で吐く猫の場合は、最初から1食分の餌を入れると一度にたくさんの量のフードを丸呑みして吐く事があります。

早食いの猫にゆっくり餌を食べさせるには、1回の餌の量を少なくできる早食い防止用の餌入れを使うと良いですよ。

中に障害物が設置されているのでゆっくり食べる事が出来て便利です。

<

★コノコ (KONOKO) ゆっくり食べれる食器S

猫さんの早食い防止用の餌入れで人気なのがコチラ!
餌入れの側面と中央についた突起が障害物となって、一度にガツガツ食べれない様に設計されてます。
サイズは写真のSとMの2種類。

価格:1,362円

Amazonで購入する

④病気が原因で吐く

猫が吐く場合はウイルスなどの感染症や腸閉塞等が考えられます。

いつもは飛びつく餌やおやつに全く関心を示さなかったり、吐いた後に元気が無い場合は病気の可能性を考えた方が良いかもしれません。
特に吐いている時によだれが大量に出ていたり、下痢を伴う場合は速やかに動物病院を受診しましょう。

猫が餌に飽きる?

猫さんが餌を食べなくなった!?
今まで勢いよく餌を食べていた猫さんがフードを食べなくなると心配になりますよね。

猫が餌を食べなくなった時には、色々な原因が考えられます。
ここでは、猫が餌に飽きて食べなくなってしまった時の7つの対処法をご紹介します。

猫が餌に飽きる?

①複数の餌をローテーションで与える

普段から猫が好きな餌をいくつか揃えておいて、飽きないようにローテーションで与える方法です。
その分、個々の餌の使用期間が自ずと長くなるので保存方法には注意が必要です。

②ドライとウエットを併用して与える

例えば朝食はドライフード、夕食はウエットフードというようにドライとウエットを交互に与える方法も効果的です。

但し、その場合は次の2点に注意しましょう。

1.ウエットフードの成分をチェック!

ウエットフードの中には添加物等が多く含まれている場合があります。
必ずパッケージの成分表をチェックして、品質に問題が無い餌を与えるようにしましょう。

2.ウエットフードを与え過ぎない!

猫はカリカリのドライフードよりもウエットタイプのフードを好む傾向があるようです。
ウエットフードばかり食べていると、歯石が溜まりやすくなり、歯の噛む力が弱くなったりする事があるので与え過ぎには要注意です。

③餌にトッピングをしてあげる

いつものフードに少量のかつおぶしをトッピングしたり、スープタイプのフードを混ぜてあげるのも良い方法です。
但し、トッピングばかり食べるようになってしまう場合があるので、やり過ぎない様に気をつけましょう。

猫用の顆粒や粉状のふりかけは、添加物や保存料等を含んでいる物が多いので避けた方が安心です。

★ペッツルート 無添加 まぐろけずり うすうす花

無添加のこんなシンプルな鰹節なら、猫さんのふりかけとしても安心!
ふんわり薄い削りが一層まぐろの旨みを際立たてるのか、猫さんの食いつきっぷりもスゴイらしい!?(笑)

価格:258円

Amazonで購入する

★カナガン チキン&サーモン

おすすめのフードでも紹介した「カナガン」のとろけるスープバージョン。もちろん、穀物、添加物、保存料等は一切不使用。
ドライフードに絡める事で、ドライに飽きてきた猫さんも大満足!?
栄養価も高くなるから一石二鳥です。
5,400円(75g×12缶セット)

カナガン公式サイトで購入する

④猫の餌の保存方法は万全?

人間も風味が落ちたご飯は食べたくないですよね?
それは猫さんだって同じです。

間違った保存方法で、猫が食べたくなる美味しそうな匂いや風味が消えてしまっているかもしれません。
猫の餌を一旦開封したら、品質が落ちないようにパッケージに書かれている正しい保存方法を守りましょう。

⑤猫の食事環境は?

猫が餌を食べなくなる原因として、餌そのものでは無く食事場所の環境に問題がある場合もあります。

急に食事場所が変わったり、餌入れが汚れたままだったりしていませんか?
猫はちょっとした環境の変化にも敏感に反応してしまうので、急に食事場所が変わると落ち着かずに餌を食べなくなる事もあります。
そんな時は一旦元の食事場所に戻して様子をみてあげましょう。
猫が餌を食べる環境は清潔を心掛けて、衛生面にも注意してあげる事が大切です。

⑥猫の餌を変えてみる

人間と同じで猫の性格も千差万別。
餌についてもこだわりが強くて、「この餌じゃなきゃ嫌ニャ!」という猫さんもいれば、「もうこの餌飽きたニャ!」と飽きっぽい猫さんもいます。
後者の猫さんの場合は、飼い主さんもあの手この手で食べさせようと必死になると思いますが、それでも駄目な時には思い切ってフードを変えてみましょう。

但し、猫の餌を変える時には注意が必要です。
病気や栄養不足、或いはダイエットなどの場合を除いて、餌を一気に切り替えるのはNG。
猫の身体に負担をかける場合もあるので、1週間位かけて少しずつ新しい餌を増やしていくようにしましょう。

⑦猫が病気かも!?

猫が今までのように餌を食べなくなった時、頭に入れておきたいのは病気の可能性。
ちょっと食欲が落ちたという位で、後はいつも通り元気に遊んで走り回っていれば問題無いかもしれません。
けれど、なんだかいつもと比べて様子がおかしい、水もあまり飲まないし元気が無いという場合は一度動物病院で診てもらう事をおススメします。

猫の体調を観察する事が大切

猫の体調を観察する事が大切

人間と同じ様に猫にも個体差がある為、どんなに高品質な餌でも全ての猫に合うとは限りません。
愛猫の餌に対する食欲や食べる量はもちろんですが、排泄物の状態や毛のツヤ、体重や体形など、猫の日頃の体調をよく観察する習慣を付けておきましょう。

猫の健康状態を把握する為にも、定期的に健診を受ける事も大切です。

急激な体重の増減や食欲低下といった、気になる症状がある場合は早めに獣医師に相談しましょう。
猫の予防接種の履歴や病歴をよく理解しているかかりつけの動物病院があれば安心です。

愛する猫さんの健康と安全を守りながら、楽しい猫ライフを送って下さいね♪

人気のねこ

ねこワード