キャットフードの安全性など基礎知識と選び方

キャットフードの法律

「愛猫には、健康的に長生きしてほしい」

猫を飼っている人なら、きっと誰しもが抱く願いではないでしょうか。

猫の体も人間の体も、摂取した食べ物から作られています。

つまり、キャットフードについて知ることは、愛猫と健康的に長く暮らすうえでは、とても重要なことなのです。

猫好きとして、猫の飼い主として、キャットフードの法律やその背景について、掘り起こしてみました。

キャットフードはどこで規制されてるの?

疑問02

猫に与えるキャットフードについて、日本では環境省および農林水産省による「ペットフード安全法」という法律をもとに、安全確保の体制が整えられています。また、環境省による「ペットフード・ガイドライン」という指導方針も作成されています。

本法やガイドラインは、キャットフードの基礎的な内容から安全性の基準、フードの与え方や注意点まで、猫を飼っているなら知っておきたい内容で作成されています。

しかし、この基準や法律で本当にキャットフードの安全が確保されるのか?

何より気になるのは、その点です。

そこで、「ペットフード安全法」、「ペットフード・ガイドライン」の概要や目的、重要なポイントや問題点などをまとめてみました。
 

「ペットフード安全法」とは?

「ペットフード安全法」のあらまし

平成19年、アメリカなどでペットフードの大量リコール事件が起こりました。

これは、メラミンという物質が含まれたペットフードを摂取した犬・猫の大規模な健康被害が明らかとなったことが要因となっています。

問題となったペットフードは、日本にも輸入されていましたが、販売業者の自主回収により、幸いにも健康被害は免れました。

これを受けて、これまで自主規制だった日本でも、ペットフードに対する安全基準が設けられることとなり、平成21年6月1日、環境省と農林水産省共管のもと、「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(通称:ペットフード安全法」が施行されました。
 

「ペットフード安全法」の概要

◆目的◆

ペットフードの安全性の確保を図り、ペットの健康を保護し、動物の愛護に寄与する。[第1条]

◆責務◆

事業者は、ペットフードの安全性の確保において最も重要な責任があり、①安全性に係る知識・技術の習得、②原材料の安全性の確保、③ペットの健康被害防止のために必要な措置(たとえば製品の回収等)の実施に努める。[第3条]

◆禁止事項◆

国は安全なペットフードのための製造基準、表示基準、成分規格を設定できる。[第5条]

ペットの健康被害を防止する必要が認められたとき、国は有害な物質を含むペットフードの製造・輸入・販売を禁止できる。[第7条]

出典:環境省ホームページ (http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H20/H20HO083.html

つまり、国が定めた安全性と健康保護の基準を満たしていないペットフードを取り扱うことは、法律によって禁止されているということです。

では、その安全性はどういう水準になっているのか。

ここで気になった「原材料の安全性の確保」について、後に詳しく見ていきたいと思います。

 

対象となるキャットフード

法律の対象となるのは、犬と猫のフードです。規制の対象とならないものもあります。

規制の対象となる例
●総合栄養食(主食タイプ)
●一般食(おかずタイプ)
●おやつ
●スナック
●ガム
●生肉
●サプリメント
●ミネラルウォーター
規制の対象とならない例
▲医薬品
▲おもちゃ
▲ペットフードの容器
▲またたび
▲猫草
▲店内で飲食されるフード
▲調査研究用のフード

※医薬品は薬機法で規制されるので対象にならない。

香付けとして使用されるまたたびや、飲み込んだ毛と一緒に吐き出される猫草などは、法律の対象にならないようです。
 

キャットフードの安全基準

ペットフード安全法では、農薬や汚染物質、添加物において、それぞれに上限値や製造方法が定められています。

その中でも特に、次に挙げる酸化防止剤に注意が必要です。

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)

BHAは、発がん性があるとの報告がされており、BHTもまた発がん性の疑いが指摘されている毒性の強い添加物です。少量であれば危険性がないともいわれていますが、天然由来の酸化防止剤を代用しているキャットフードもあるので、そちらを選ぶとより安心です。

エトキシキン

強い抗酸化力を持つ合成酸化防止剤で、日本では、食品添加物として認められておらず、ペットフード安全法でも上限値が設定されています。毒性の強い添加物なので、私たち人間より体の小さな犬猫にも、できるだけ与えないように注意しましょう。

プロピレングリコール

保湿のための添加物で、セミドライフードの保湿などに使われることがあります。犬には問題ありませんが、猫に与えると貧血になる可能性があるので、ペットフード安全法ではキャットフードへの使用が禁止されています。

出典:環境省ホームページ (https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/petfood/standard.html
 

キャットフードの表示基準

キャットフードの名称や賞味期限、原材料名、原産国名を日本語で表示しなければなりません。

①名称

商品名だけで犬用か猫用か分かりにくい場合は、「猫用」や「キャットフード」などと併記しなければならない。

②賞味期限

年月日、または年月の表示が必要。

③原材料名

添加物を含め、使用したすべての原材料の表示が義務付けられている。

※すべての原材料というのは、ペットフードの製造時に使用したもののことであり、原材料そのものに元々含まれている添加物については規定されていません。

④原産国

包装・詰め合わせではなく、最終加工工程を完了した国を表示しなければならない。

※原産国とは、ペットフードを製造した国のことであり、原材料の原産地の表示については規定されていません。

⑤事業者名および住所

事業者の種別(製造業者、輸入業者または販売業者)と名称または氏名を表示しなければならない。

出典:環境省ホームページ (https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/petfood/standard.html
 

「ペットフード安全法」の問題点

ペットフード安全法で気になるのは、表示基準において、原材料そのものに含まれる添加物と、原材料の原産地表示義務がないということです。
 

添加物の落とし穴

添加物においては、製造時に使用したものはすべて表示しなければなりませんが、原材料そのものに含まれる添加物においては義務付けられておらず、任意表示となっています。

これについてペットフード安全法では、”消費者からの問い合わせには対応できるようにしておくことが望ましい”とされているので、使用中のキャットフードの添加物が気になった方は、事業者へ問い合わせみるというのも手です。
 

原産国の落とし穴

消費者としては、もっとも気になる原産地ですが、ペットフード安全法では、最終加工工程を完了した国の表示を義務付けているものの、原材料の原産地においては、表示義務がありません。逆を言うと、得体の知れない原材料であっても、日本で最終加工を施せば、日本製のキャットフードになるということです。

さらにペットフード安全法では、”原材料の原産地の表示については特に規定していませんが、原産国を記載する場合には、原産国名と混同することのないようにしてください”という程度の認識のようでした。

人間の食品の場合には、購入の際、原産地をチェックしている方も多いのではないかと思いますが、キャットフードにおいては確認する手段がないのが現状です。

そこで、重要視したいのがトレーサビリティというシステムです。
 

トレーサビリティとは?

トレーサビリティとは、製品の流通経路を生産段階から最終消費段階、あるいは廃棄段階まで追跡が可能な状態をいい、追跡可能性ともいわれています。分かりやすくいうと、最近ではよく耳にするようになった「生産者の顔が見える」状態を確保したシステムのことです。

トレーサビリティは、ペットフード安全法で義務付けられているシステムではありませんが、既にトレーサビリティに取り組んでいるプレミアムなキャットフードが増えてきています。原産地が気になる方は、そうしたものをチェックしてみてください。
 

キャットフードの選び方

キャットフードの選び方

ここからは、法律で定められていることではありませんが、飼い主として知っておきたいキャットフードの選び方や注意点についての方針を「ペットフード・ガイドライン」を元にみていきたいと思います。

キャットフードの種類

犬は雑食性、猫は肉食性なので、それぞれの目的と成長段階に合ったフードを選ぶ必要があります。キャットフードは、目的別に、大きく次の3つに分けられます。

総合栄養食

必要とする栄養基準を満たした主食タイプのフードです。新鮮な水と一緒に与えるだけで、健康を維持することができるように、理想的な栄養素バランスで調製されています。

間食(おやつなど)

おやつとして与えるフードです。基本的に、上記の総合栄養食で必要な栄養が摂取できるようになっていますが、しつけや食欲不振などの対応策や、コミュニケーションとして与えることがあります。ただし、おやつはカロリーが高めのものが多いので、与え過ぎて栄養が偏ったり、肥満にならないように注意が必要です。

その他の目的食

特定の栄養素やカロリーの補給などを目的に与えるフードです。一般食(おかずタイプ)、療法食(病気の猫の食事療法)、サプリメントなどが該当します。

 

キャットフードのライフステージ

キャットフードのライフステージ

成長段階(ライフステージ)別にキャットフードの内容や与え方を調整する必要があります。

哺乳期

生まれてから30日程度までの期間。この時期は、母乳で成長します。市販のミルクを使用する場合には、猫用のミルクを与えます。

離乳期

生後約20日~60日くらいまでの期間。猫用の離乳期用フードを与えることが望ましいですが、手に入らない場合には、子猫用(成長期猫用)フードをお湯やミルクでふやかして与えることでも代用できます。

成長期

生後約50日~1年程度の期間。子猫用(成長期猫用)のフードを与えます。

成猫期

成長期以降の7年間程度の時期。成猫用のフードを与えます。

高齢猫期

約7歳~8歳以降の期間。(老化のスピードには個体差があるので、すべての猫がこの時期から高齢猫というわけではない)シニア用のフードを与えます。

猫と人間の年齢換算
出典:環境省ホームページ (https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide.html

 

フードの切り替え方

ある年齢になったからといって、急にその年齢用フードに切り替えると、食べ慣れていないために、吐いてしまったり、下痢をすることがあります。猫の様子をみながら、1週間くらいかけて新しいフードの割合を増やすようにしてあげましょう。
 

キャットフードの保存方法

キャットフードの保存方法

キャットフードは、それぞれのタイプ別に適切な方法で保管し、期限内に使い切るようにします。

ドライタイプ

開封後は袋の封をしっかりして、直射日光が当たらず、温度や湿度の低い場所で保存します。冷蔵保存は出し入れなどで温度差が生じ、かび等の発生原因となるので、常温での保存が望ましいでしょう。

開封後は、なるべく早く使い切ることが大切なので、猫の大きさにあったサイズの製品選びも重要です。

ドライフードは比較的長期保存できるという利点がありますが、猫がいったん口をつけたものは、唾液などがついているため、微生物が発生することもあります。少量ずつ出して、前に出したものは新しいものに取り替えるようにしましょう。

ウェットタイプ

風味や品質の変化が早いため、フードボウルに出しっぱなしは避けましょう。食べきれない分は、開封時に別の容器に移しかえて冷蔵庫に保管し、できるだけその日のうちに使い切るようにします。

1食分ずつに分けて冷凍保存し、その都度、解凍して与えるという方法もありますが、その際は見た目や風味の変化に要注意です。

セミモイストタイプ・ソフトドライタイプ

密封包装された製品は、開封後はしっかり封をして、常温ではなく冷蔵庫に保管します。(目安としては2週間程度で使い切るように)冷蔵庫からは使う分だけを取り出すようにしましょう。また、袋の中の脱酸素剤は、開封後は効力が失われます。

未開封のウェットタイプ、セミモイストタイプは、直射日光が当たらない温度変化の少ない場所で保存して、賞味期限内に使い切るようにします。
 

キャットフードを与える時に注意すること

キャットフードの注意点

給与量

パッケージに表示してある給与量を目安に、体重や健康状態、運動量などに合わせて与える量を調整します。

回数

成長期は1日の食事量を3~4回に分けて、おとなになったら1~2回に分けて与えるのが一般的です。

また、猫は昼夜を問わずに頻繁に少量ずつ食べる習性があるため、腐敗の危険性が低いドライフードを置き餌として、いつでも食べることができるようにする与え方もあります。ただし、その場合でも常に清潔で新鮮な状態にして衛生を保つことが重要です。

新鮮な水

フードを与える時だけに限らず、新鮮な水をいつでも飲める状態にしておきます。

人間用のミネラルウォーターは、マグネシウムなどのミネラルが多く含まれているものもあるので、猫に与える場合は注意が必要です。

マグネシウムは、猫がかかりやすい尿管結石症や下痢を引き起こす原因になるといわれています。猫に水を与える際は、マグネシウム含有量の少ない軟水の水を与えるようにしましょう。

一般的に、硬度が100mg/l以下を「軟水」、100mg/l以上を「硬水」といいます。(WHOの基準では120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」と設定されている)

日本の水道水は、硬度40~70㎎/lと軟水に属しているので、猫にとっては安心な水といえます。

おやつ

おやつを与える場合は、その分、主食の量も減らします。栄養バランスが崩れないように、おやつの量は1日に必要なカロリーの20%以内に抑えましょう。

食器類

フードを与える時に使用する食器類の衛生面にも気をつける必要があります。微生物の格好の繁殖場所となるフードの残りかすなどはそのままにせず、きれいに洗って乾燥させ、清潔な場所に保管しましょう。


 

キャットフードの給与量の設定方法

キャットフードの給与量

成長期で多くのカロリーを必要とする子猫に十分な量が与えられなかったり、猫が喜ぶからといってフードやおやつを与え過ぎたりすることは、猫の成長や健康を阻害することになりかねません。
 

給与量の設定方法

カロリーの必要量は、ライフステージや体重によって異なります。多くの市販のフードには、カロリー表示とともに、与える量の目安が表示されているので、参考程度にみておきましょう。その際、猫にも個体差があることを念頭において、体調や体重の増減をみながら与える量を調整するようにしましょう。

猫のカロリー必要量
出典:環境省ホームページ (https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide.html

 

猫の体型チェック

猫のボディコンディションスコアを目安に、定期的に体型チェックをおこないましょう。

猫のボディコンディションスコア
出典:環境省ホームページ (https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide.html

肥満を予防するには、おやつやごほうびは出来るだけ控える、適度な運動をさせる、などの注意が必要です。

おやつやごほうびは、猫とのコミュニケーションの一つの手段ですが、与える際はカロリー表示を確かめて、与えた分だけフードを減らすなどの対応が必要です。
 

猫のダイエット方法

本格的なダイエットは、獣医師の指導の下でおこなう必要がありますが、軽度~中度の肥満の場合には、与えるフードの量を調整することによって対応できます。

①通常の量の10~30%減らして体重の変化をチェックする。

②1週間で体重が1~2%減るくらいの割合で徐々に体重を減らしていく。

③空腹感を抑えるために、1日の量を3~4回に分けて与える。

※与えるフードの量を40%以上減らすといった急激なダイエットは体に悪影響を与える危険があります。


 

猫に必要な栄養素

原材料

高タンパク質・低炭水化物

長い間、人間と共同生活していく中で、雑食性が進んだ犬のタンパク質の必要量は、人間より多いものの、人間と近い割合になっています。

対して猫は、人間と暮らし続けていても肉食性を保ち続けたため、人間や犬に比べてタンパク質が多く必要です。そのため、猫にとっては、高タンパク質、低炭水化物のフードが理想的だといえます。
 

猫のタウリンの欠乏症

与えてはいけないものや、過剰摂取に注意しなければいけないものとは逆に、不足しないように気をつけなければならないのが、タウリンです。

人間や犬では、生理的に必要なタウリンを体内で生成することができるのに対して、猫の場合は作ることができません。タウリンが不足すると、眼の障害心臓の疾患などを引き起こすことがあるので、タウリンを十分に含んだフードを与える必要があります。
 

猫に与えてはいけないもの

猫に与えてはいけないもの

私たちが普段食べている食べ物の中には、猫にとって有害なものがあるので、十分な注意が必要です。そのためにも知識を身につけておくことが重要です。

タマネギ・ネギ類

中毒を起こし、血尿急性の貧血などを起こします。毒性は加熱しても破壊されないので、ハンバーグやすき焼きなど(タマネギのかけらや残り汁も)、タマネギやネギを含む料理も要注意です。

チョコレート

チョコレートに含まれるテオブロミンという成分が猫にとって有害で、嘔吐下痢の症状などを引き起こします。買い置きのチョコレートを猫の手の届く場所に放置しないように注意しましょう。

ブドウ・干しブドウ

猫にとって、腎不全の原因になります。特に、ブドウの皮は与えてはいけません。

イカ・タコ

生のイカやタコ、スルメなどは消化が悪く、下痢嘔吐の原因になります。また、生のイカや貝などの魚介類や、カニ、エビなどの甲殻類は、猫に与えると後脚の麻痺を起こすことがあります。(加熱調理してあれば問題ありません。)

ホウレン草

シュウ酸が多く含まれているため、シュウ酸カルシウム尿石症の原因になります。茹でてアク抜きをすることで、シュウ酸の量を減らすことができます。

コーヒーや緑茶など

カフェインが含まれているものを与えると、下痢嘔吐発作など、体調不調を起こすことがあります。

生卵

アビジンという酵素が皮膚炎成長不良の症状を引き起こす原因になります。(加熱調理して与えれば問題ありません。)

にぼし、海苔

マグネシウムの過剰が原因となり、尿路疾患を引き起こすことがあります。

レバー

ビタミンA、Dの過剰により、食欲不振関節炎の原因になります。

香辛料

猫は香辛料に対する耐性が低いので、肝臓障害の症状を引き起こすことがあります。

塩分の多いもの

猫は人間と違って、余分な塩分を汗によって体の外に出すことができないため、塩分の過剰摂取に気をつける必要があります。私たちが普段食べている惣菜、ハム、チーズ、ソーセージなどを与えると、知らぬ間に心臓や腎臓に負担をかけてしまうことになりかねません。
 

フード購入の際になるべく避けたい成分

無添加 イメージ03

合成着色料

タール系色素

赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色104号、赤色105号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、緑色3号、青色1号、青色2号

上記12種類のタール系色素の中には、発がん性アレルギー性の可能性があると考えられていたり、外国では食品の使用が禁止されているものもあります。

猫は、色を識別する能力が人間よりも劣っているため、赤や緑といった色をうまく判別することができません。

カラフルなキャットフードの色は、飼い主の私たちが美味しそうだと感じるためだけのものであって、ほぼ色盲の猫にはまったく必要のないものなのです。
 

人工香料

キャットフードに使用されている人工香料や人工調味料については、分からない部分が多く、実際にキャットフードの原材料表示には、「香料」としてまとめて掲載されてしまうため、どんな香料や調味料が使われているのか判断できません。

人工香料が猫にどのような影響を及ぼすのかについては、詳しく分かっていませんが、人間の場合にはアトピーや喘息など、アレルギーの原因としてその毒性が問題視されています。

新鮮な原材料を使用しているキャットフードであるならば、香料や調味料で臭いや味をごまかす必要はないとも考えられるので、できるだけ避けたい成分です。
 

安全性を優先するなら無添加がおすすめ

無添加 イメージ01

キャットフードには、多くの添加物や化学成分が含まれており、中には先述したように、猫の体に悪影響を及ぼすようなものも含まれています。しかし、それらすべてを自分で判別するのは容易なことではありませんよね。

その点、無添加のキャットフードなら、安全性がいくらかは保証されています。

合成酸化防止剤や合成着色料、人工香料などは長く摂取し続けると、猫の健康を脅かしかねない毒性の強い添加物です。

安全性を優先するなら、それらのキャットフードを避け、無添加のキャットフードを選びましょう。


 

観葉植物による中毒

見落としがちなのが、室内に置いてある観葉植物です。猫が誤って食べたことで中毒を起こすことがあるので、食品と同じように注意が必要です。

▲セローム(サトイモ科)
▲アイビー(ウコギ科)
▲イチイ(イチイ科)
▲クレマチス(キンポウゲ科)
▲スズラン(ユリ科)
▲クロッカス(アヤメ科)
▲シクラメン(サクラソウ科)
猫に危険な観葉植物
出典:環境省ホームページ (https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/petfood_guide.html

 

猫の体調チェックの注意点

猫の体調チェック

猫は体調が悪くても、それを言葉で伝えることができません。それどころか、野生の頃の名残で、自身の不良を敵に察知されないように行動したり、姿自体を隠すということもあるそうです。

そのため、普段の行動をよく観察して病気などの前兆に気付けるように努める必要があります。猫の体調不良を感じたら、早めにかかりつけの獣医師に相談しましょう。
 

猫を観察する時の注意点

●食欲がない
●目に活力がない
●毛が乾燥し、ごわごわしている
●休みなく鳴いている
●体に触れられるのを嫌がる
●水を飲む量がいつもより異常に多い、または少ない
●おしっこの回数がいつもより多い
●おしっこをチビチビ漏らす
●おしっこに血が混じっている
●下痢を繰り返す
●熱がある(猫の正常体温は、38.0~39.0℃)
●1日以上、1ヶ所に隠れて出てこない
●毛玉の排泄がひどい

 

キャットフードの安全性についてのまとめ

キャットフードの安全性まとめ

日本におけるキャットフードの取り扱いや安全基準について、いろんな方向から詳しくみてきましたが、大きくまとめると次の通りです。

高タンパク質低炭水化物タウリンが豊富に含まれているキャットフードが理想的である。

有害な人工添加物(BHA、BHT、エトキシンなど)が含まれていないものが望ましい。

トレーサビリティを確保した、生産者の顔が見えるキャットフードがより安心・安全である。

上記がキャットフード選びにおける全般的なポイントであり、さらに以下の内容を追記する必要があります。

●キャットフードの安全性を保つのは、現在の日本の法律だけでは不十分な部分がある。

●一般的に必要だといわれている栄養素や量は目安として、飼っている猫に合ったキャットフード選びが重要である。

どのようなキャットフードであっても、「すべての猫におすすめ」と断言することは難しいと感じています。

もしも、キャットフード選びで明言することができるとすれば、それは、飼い主である私たち自身が「キャットフードについて、しっかりと学び、考え、選択する」ことが何より大切だということです。

人間に個人差があるように、猫にも個体差があります。その”差”というものは、飼い主さんにしか分からないことかもしれません。

飼い主さんだからできる、その猫ちゃんに合ったフード選びが大切です。

人気のねこ

ねこワード