食欲不振の猫への対処法|猫が餌を食べない原因は?

猫の食欲不振

猫の食欲不振は、さまざまな原因が考えられます。

猫はグルメだといわれており、フードによる食欲不振はよく起こり得るものの一つです。

また、猫は繊細な生き物なので、環境の変化で餌を食べなくなることもあります。

そして、一番気を付けなければならないのが、病気などによる食欲不振です。

エサを食べない理由が、

フードによるものなのか
環境の変化によるものなのか
季節によるものなのか
病気などによるものなのか

これらを見分けるのが重要です。

さらに、食欲不振がいつまで続けば病院に相談した方が良いのか、といった内容も踏まえて対処法などを詳しく解説していきます。

キャットフードおすすめランキング

どれくらい続いたら食欲不振?

猫は、狩りをして暮らしていた野生時代は、いつ獲物にありつけるか分からない不安定な食生活を送っていました。その名残りから、出されたエサを一度に食べきらずに残しておいて、またお腹が空いたら食べる、といったムラ食いをするといわれています。ある種の習性のようなものなので、1食分食べないからといって、それほど心配する必要はあまりありません

食欲不振の基準としては、1歳以上の猫においては、24時間以上なにも食べないといった状況が続くようなら、食べさせる努力をした方が良いでしょう。食欲不振と考えられる目安時間は、猫の年齢によっても異なりますので、詳しくは下記を参照してください。

食欲不振の目安の時間
月齢 エサを食べていない時間
1~2ヶ月 8時間以上
2~3ヶ月 12時間以上
3~4ヶ月 16時間以上
12ヶ月以上 24時間以上

上記の時間、エサを食べないようなら食欲不振と判断し、さらにその他の症状(嘔吐や下痢、よだれが出るなど)がみられるようなら、病院に相談した方が良いでしょう。

また、1歳以上の大人の猫の場合、36時間以上、水も食事もとらない状態が続くと、肝臓に脂肪が溜まる脂肪肝という病気になり、全身が衰弱し、黄疸などの症状が出てきます。いずれの場合も早めの受診が大切です。
 

フードによる食欲不振

エサに飽きた

今まで問題なく食べていたエサであっても、急に食べなくなってしまうことがあります。これは、長期間に渡って一種類のフードを食べ続けると起こり得る現象です。

猫の嗜好性は一定のものではなく、人間と同じように年齢とともに変化することがあり、それも食欲不振の理由の一つとして考えられます。

また、野生の動物には、食べ物の好みを変えるというメカニズムがあります。これは、一定の動物ばかりを捕食して食い尽し、食料不足によって絶滅することがないように備わっているもので、猫にもその名残があるといわれています。

エサに飽きた場合の対処法

嗜好性の高い新しいエサを与えてみる

猫の嗜好や体質に合った新しいエサを与えてみましょう。猫にとって、嗜好性の高いフードとは、肉食の猫に合った高タンパクで低炭水化物のエサになります。

また、新しいエサを与える際は、急に全部を新しいエサに変えると、かえって食欲が落ちる原因にもなりかねないため、フードの全体の量を維持したまま、前のエサに新しいエサの割合を1割、2割…と日ごとに増やしていきます。そうすることによって、少しずつ新しいエサに体を慣らしていくことが出来るため、フードの切り替えによる下痢や嘔吐などの症状も予防できます。

エサを新しいものに変えた

猫は繊細でグルメな生き物です。そのため、食事の内容が少しでも変化していると、エサに対して敏感になって食べなくなることがあります。特に、生後6ヶ月頃までに決まったエサしか食べていなかった猫は、食べ物に対する好みが限られたものになりやすいため、そういった傾向が強くみられるようです。

新しいエサを食べない時の対処法

フードの切り替えに時間をかける

新しいエサに変えてから食欲が落ちてしまった場合は、まず元のエサに一旦戻しましょう。その後、どうしてもフードを切り替える必要がある場合は、全体の量を維持したまま、新しいエサの割合を少しずつ増やしていきます。繊細な猫の場合、フードの切り替えに一ヶ月要する猫もいるほどです。フードの切り替えは慎重におこないましょう。

エサの風味が落ちている

猫の中では、「嗅覚」「触覚(食感)」「味覚」においては、嗅覚がもっとも鋭い感覚です。そのため、エサに対する「美味しそう」という基準をにおいで判断します。猫にもっとも影響を与えるエサのにおいが落ちていたりすると、エサを積極的に食べてくれなかったり、食べ残してしまうことがあるようです。

エサの風味が落ちている場合の対処法

与え方や保存方法を工夫する

置きエサの場合、食べ残していたとしても、残りを処分して新しいフードを出し直すと食べてくれることがあります。一度に多くの量を与えるより、少ない量を数回に分ける方が食いつきが良くなるようです。また、賞味期限に関わらず、エサの風味や品質が落ちていないか常にチェックしましょう。特に、小分けがされていない大袋のフードを利用している方は要注意です。そういった方は、フードの風味が落ちないようにフードストッカーや密閉容器で保存するなどの工夫をしましょう。

エサが冷え過ぎている

猫は、野生では生きままの動物を捕って食べていたので、体温が残る温度(39度前後)に温めてあげると食いつきがアップするといわれています。そのため、冷蔵庫から出したばかりの冷え切ったエサは、あまり好まないようです。また、フードを温めると、風味が増すなどの食欲増進効果も期待できます。

エサが冷えている場合の対処法

フードを温める

ウェットフードの場合は、電子レンジや湯せんなどで人肌程度に温めましょう。ドライフードの場合は、お湯やささみのゆで汁でふやかしてみるのも良いでしょう。ドライフードをふやかす場合は、猫によってはふかやした状態を好まない子もいるので、少量ずつおこなってみてください。

エサ以外に食べたものの記憶が残っている

与えられたエサとは別に、どこかで何か別のものを食べてしまった場合にその記憶が残っていることがあります。それが好まない味だったり、そのことが原因で体調が悪くなってしまった場合などは、それがいつも食べているエサの記憶とすり替わり、いつものエサ自体を食べなくなってしまうことがあります。

嫌な記憶が残ってしまった場合の対処法

新しいエサを混ぜないで与えてみる

新しいエサを用意します。その際は、元のエサに新しいエサを少しずつ足していくというやり方ではなく、元のエサと新しいエサをまったく別々の容器に分けて出します。嫌な記憶が残ってしまったエサと、新しいエサが別物であるということを認識させることが重要です。

エサが体に合っていない

猫には、自分の体に必要な栄養素やカロリーを本能で嗅ぎ分けて摂取する力が備わっています。これはイギリスの研究所ウォルサムによって判明されています。その研究によると、猫が自発的に摂取した栄養量は、タンパク質が1日26g、脂質が1日9g、炭水化物が1日8gでした。つまり猫は、高タンパク・低炭水化物の食事を本能的に欲しているのです。

エサが体に合っていない場合の対処法

猫の体に合ったグレインフリーのエサを与える

穀物が多用されていないグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードを選んであげましょう。そうすると、自然と主原料はチキンや魚類となり、高タンパクが保たれます。それこそが、肉食動物の猫が本能的に求めている食事なのです。

グレインフリーのおすすめのキャットフード

お肉派の猫ちゃんにおすすめ

カナガン キャットフード

カナガン キャットフード

カナガンは、チキンなどの肉類を主原料とし、その他にも猫の体を考慮して独自に選び抜かれたもので作られています。

その証拠に穀物類は避け、穀物原料の代わりになる炭水化物源として、消化率の高いサツマイモを採用しています。

カナガン キャットフード
対応種 全猫種・全年齢
原産国 イギリス
主な原材料 乾燥チキン
タンパク質 37.00%
炭水化物 26.00%
穀物類 穀物不使用(グレインフリー)
添加物 人工添加物不使用
エネルギー(100gあたり) 約390kcal
価格・内容量 3.960円(1.5kg)
価格比較(1kgあたり) 2,640円
【特徴】
高タンパク質低炭水化物・人工添加物不使用・ヒューマングレードの原材料・穀物不使用(グレインフリー)・尿路結石予防

 

 

お魚派の猫ちゃんにおすすめ

シンプリー キャットフード

チキンを主原料としているキャットフードメーカーが多い中、シンプリーはサーモンなどの魚類を73%配合しています。魚がベースなので、猫目線だけではなく人間にとっても風味が良く、給餌や保管も楽です。

シンプリーには、血液をサラサラにしてくれる効果もあり、肥満や関節炎にも良いとされています。

シンプリー キャットフード
対応種 全猫種・全年齢
原産国 イギリス
主な原材料 骨抜き生サーモン
タンパク質 37.00%
炭水化物 25.00%
穀物類 穀物不使用(グレインフリー)
添加物 人工添加物不使用
エネルギー(100gあたり) 約380kcal
価格・内容量 3.960円(1.5kg)
価格比較(1kgあたり) 2,640円
【特徴】
高タンパク質低炭水化物・人工添加物不使用・ヒューマングレードの原材料・穀物不使用(グレインフリー)

 

 

環境の変化による食欲不振

生活環境が変わった

猫は環境の変化にストレスを感じやすいデリケートな生き物です。「引っ越し」や「新しい猫を迎え入れた」、「結婚や出産などで家族が増えた」などがそれにあたりますが、「部屋の模様替え」や「知らない人が訪ねて来た」といった人間にとってはほんの些細なことでも、ストレスを感じてエサを食べなくなることがあります。

生活環境が変わった場合の対処法

狭くて暗めの食事スペースをつくる

猫が安心できるような食事環境を整えてあげましょう。騒がしい場所や人の出入りの多い場所は避け、トイレともなるべく離れた場所が好ましいです。さらに、食事スペースをパーテーションなどで仕切ってあげたり、ケージに布などをかぶせて食事スペースにするのも良いでしょう。猫は、危険と隣り合わせの野生の生活をしていたため、狭くて暗い場所が落ち着く傾向にあります。

また、新しい猫や家族が増えた場合は先住猫を優先し、意識的にコミュニケーションをとるようにして、猫を安心させてあげましょう。

食事の方法が気に入らない

食事の時間や回数が変わったり、エサを入れる容器が気に入らなかったり、今まで置きエサだったのがそうじゃなくなったり、そういった変化によっても食欲不振に陥る場合があります。

食事の方法が気に入らない場合の対処法

食べやすい容器と方法を探る

生活のリズムをなるべく崩さないように食事の時間を守ってあげましょう。また、光沢のある容器は嫌う傾向にあるので避けた方が無難です。底の深い容器も、お皿にひげが当たるのが気になって食欲を低下させる原因につながります。そしてお気に入りの容器が見つかったら、常に清潔に保ってあげてください。

置きエサをやめる場合は、急にやめるのではなく、半日置きっぱなしだったのを数時間ずつ短くして、最終的に30分~1時間になるようにするなど、少しずつ慣らしてあげると良いかもしれません。

病院に行ってワクチンや手術などをした

感染症予防に用いられるワクチンとは、病原体からつくられているものであり、それを投与することによって体内にその病気に対する抗体をつくります。そのため、食欲不振や発熱などの副作用は珍しいことではありません。また、病院で去勢・避妊手術を受けたり、それに伴って入院した場合などは、そのストレスから食欲が落ちることが多いです。

病院でワクチンや手術をした場合の対処法

安静に過ごさせてあげる

ワクチン接種後は、基本的に自然回復を待ちますが、明らかに様子がおかしい場合や、翌日になっても体調が回復しない場合は病院に相談しましょう。

また、去勢や避妊の術後は安静にする必要もあるので、その場合も猫の回復をやさしく見守りましょう。

 

季節による食欲不振

夏は食欲が落ちやすい

猫の食欲は3~4ヶ月周期で変わるといわれており、夏は少なく、秋から冬にかけて増える傾向にあります。また、夏バテで食欲が落ちることも起こり得ます。

夏に食欲が落ちた場合の対処法

食べやすいものを与えてみる

周期による食欲不振の場合、自然回復する可能性が高いですが、夏バテの可能性を考えて、以下のように食事を工夫してみるのも一つの手です。

・朝晩の涼しい時間帯にエサを与える
・空調を猫の適温(28度程度)にする
・消化に良いエサを与える
・水分量の多いウェットフードを与える

繁殖期は食事どころではなくなる

雌猫が発情中、または雄猫でも発情中の雌猫がそばにいる場合など、興奮している時には食欲がなくなります。また、雌猫は分娩前後は食欲がなくなります。まさに、繁殖期は食事どころではなくなるといった状況になります。

繁殖期の場合の対処法

去勢・避妊手術をする

これらの食欲不振は正常な変化なので、特に心配する必要はありません。恋わずらいによる、食欲不振の場合は、去勢・避妊手術をすることによって軽減されます。

 

病気などによる食欲不振

肝臓や腎臓などの内臓系の疾患や、風邪などの感染症、口腔内のトラブルなど、さまざまな病気で食欲不振は起こり得ます。

フードや環境の変化、季節による食欲不振などの内容に思い当たる節がない場合には、飼い主さんが原因を特定するのは難しいかもしれません。そういった場合は、状況に応じて病院に相談するようにしてください。

思いもよらないオモチャの誤飲

猫に多いとされているのがオモチャなどの誤飲です。オモチャに関わらず、猫は靴紐やリボンなどの紐状のもので遊ぶのを好み、誤って飲み込んでしまうケースが多いようです。

それらの誤飲が原因で、腸閉塞を引き起こし、食欲不振に陥ることがあります。腸閉塞とは、腸に何かが詰まり、正常に機能しなくなる状態で、お腹が張ったような症状が表れます。

猫が飲みこみそうなものはすぐに片付ける

猫が飲みこみそうなものは、出しっぱなしにせずにすぐに片付けるようにしましょう。噛みちぎったぬいぐるみの耳や紙類など、思いもよらないものを飲み込んでしまっている場合などもあり、飼い主さん自身が誤飲したことに気付かないことも多いようです。

食欲不振とあわせて、以下のような症状が重なる場合は、ただちに病院を受診しましょう。

お腹が膨らんで見える

お腹が痛いため、お腹を丸めてじっとしていたり、触られるのを嫌がる

よだれを垂らしたり、吐き気や嘔吐がある

水を飲まない

トイレに行く仕草をするけれど、便がほとんど出ていない

ノミやダニの寄生でも食欲不振に

室内飼いの猫であっても、ダニがつくことがあります。主な感染源は草むらなどですが、同居犬がいた場合、散歩やペットサロンなどでもらってきてしまうこともあります。ノミやダニが猫に寄生してしまった場合、グルーミングなどで体内に取り込んでしまうと、食欲不振や下痢の症状が表れることがあります。

ノミ・ダニは予防が大事

ダニは寄生されてから駆除するのではなく、寄生されていないか常に確認してあげましょう。

すでに、ノミやダニが散見される場合は、無理やり取ろうとすると、感染症などを引き起こす可能性もあるので、病院で処置してもらうと安心です。

・ノミやダニ取り用のクシで確認する
・炎症がないか皮膚を直接確認する
・定期的にシャンプーをして清潔に保つ

 

便や尿を常にチェックしよう

猫の食欲不振02

私も、飼い猫の食欲不振に悩まされた時期がありましたが、今思えば猫の嗜好に合っていないフードを与えていたのだと思います。フードをいろいろ試す中で、このフードを与えると必ず嘔吐が続く、ということも経験したので、体に合わないフードというのは本当にあるのだと実感しました。それは、猫の個体差もあるでしょう。

物言わぬ猫の食欲不振は、一種の危険信号のサインかもしれません。

とはいえ、猫は食にうるさく、フードジプシーで悩まされている飼い主さんにとっては、判断が難しいところです。

私たち飼い主ができることは、日頃から「便や尿に異常がないか」「水分摂取量が極端に落ちていないか」など、常にチェックしておくことです。

それらの異常と食欲不振が重なった場合は、今回ご紹介した対処法を一つの方法として参考にしてみてください。

人気のねこ

ねこワード