猫の肥満チェック!病気にならないための目安と対処法・おすすめフード

肥満の猫

ぽっちゃりな猫って愛嬌があって可愛いですよね。

餌を欲しがるだけ与えていたら、いつの間にか猫が太ってしまった…」という方、実はけっこう多いようです。

でも肥満の猫は、通常の猫に比べて病気などのリスクが高まってしまうという現実…。

うちの猫は、大丈夫?もしかして肥満かな?

そんな飼い主さんのために、ここでは猫の肥満チェックの方法を3パターン解説しています。

さらに、肥満が明らかになってしまったという方のために、猫のダイエットの方法も紹介していますので、是非そちらもチェックしてみてください。

キャットフードおすすめランキング

【簡単】猫の肥満チェック!

猫の肥満を確認する方法は、見た目でのチェック、脂肪の付き具合などの感触のチェック、そして体重でのチェックが簡単な方法として挙げられます。

これらを併用すると、より肥満度が分かりやすいと思いますので、いろんな方法で確認してみてください。

見た目&感触で肥満チェック

猫のボディコンディションスコア
出典:日本ヒルズ・コルゲート株式会社(http://www.hills.co.jp/petlife/pdf/bcscat.pdf)

上記は、猫の痩せ具合・太り具合をあらわす指標のボディコンディションスコア(BCS)というものです。この指標を元に、見た目&感触で肥満チェックができます。

BC4は肥満気味BC5は肥満になりますので、該当した方は肥満対策を検討しましょう。
 

痩せすぎている猫

BCS1
猫のボディコンディションスコア1
見た目 上から見ると、砂時計のように極端にくびれている。横から見ると、腹部のへこみが深い。
感触 肋骨が脂肪に覆われておらず、簡単に触ることができる。

 

痩せ気味の猫

BCS2
猫のボディコンディションスコア2
見た目 腰にくびれがある。
感触 肋骨がごく薄い脂肪に覆われ、簡単に触ることができる。

 

理想的な体重の猫

BCS3
猫のボディコンディションスコア3
見た目 腹部はごく薄い脂肪に覆われ、腰に適度なくびれがある。
感触 肋骨がわずかな脂肪に覆われ、触ることができる。

 

太り気味の猫

BCS4
猫のボディコンディションスコア4
見た目 腹部は丸みを帯び、やや厚い脂肪に覆われ、腰のくびれはほとんどない。
感触 肋骨が脂肪に覆われ、触ることは難しい。

 

肥満の猫

BCS5
猫のボディコンディションスコア5
見た目 非常に厚い脂肪に覆われ、腰にくびれはない。
感触 肋骨が厚い脂肪に覆われ、触ることは非常に難しい。

 

体重で肥満チェック

猫の肥満チェック

ほとんどの猫は、満1歳で成長が止まるため、この時の体重が生涯を通しての理想体重だといわれています。

記録が残っている場合は、1歳の時の体重を基準とし、そこから体重が110%増えている場合は肥満予備軍120%以上増えている場合は肥満という判断ができます。

猫の理想体重=満1歳の時の体重
猫の体重の測り方

猫をだっこした状態で体重計に乗り、出た数値から自身の体重を引いて割り出します。

ペット用のスケールや赤ちゃん用のベビースケールがある場合は、そちらの方がより細かく計測できるのでおすすめです。

猫の肥満チェック

1歳を超えてから猫を飼い始めた方など、満1歳の時の体重が分からないという方もいるかと思います。

一般的な成猫の体重は、3~5kgに収まる範囲がほとんどです。オス猫で5.5kg、メス猫で4.0kgを超え始めたら肥満に要注意。といっても平均体重は、猫の種類などによっても大きく異なりますので、それぞれの猫に合った適正体重を見極める必要があります。

ここでは、猫の種類別の平均体重をまとめていますので、飼っている猫ちゃんの体重と見比べてみてください。個体差による骨格の違いもあるので、あくまで目安としてご覧ください。
 

標準より小柄な猫種

オスの平均体重/kg メスの平均体重/kg
アビシニアン 3.0~4.5 2.5~3.5
シャム 3.0~4.0 2.2~3.5
シンガプーラ 2.7~3.5 2.2~3.0

 

標準的な体重の猫種

オスの平均体重/kg メスの平均体重/kg
雑種(ミックス) 4.3~5.5 3.0~4.2
アメリカンカール 3.0~5.5 2.2~4.5
オリエンタルショートヘア 3.0~6.5 2.5~5.0
シャルトリュー 4.3~6.4 2.8~4.0
スコティッシュフォールド 3.0~6.0 2.5~5.0
スフィンクス 4.0~6.5 2.8~5.5
ソマリ 3.0~5.0 2.5~4.0
ヒマラヤン 4.0~6.0 3.2~5.0
ブリティッシュショートヘア 4.5~6.4 3.4~5.5
ペルシャ 3.5~6.3 3.0~5.0
マンチカン 3.0~4.5 2.3~3.6
ロシアンブルー 4.5~5.5 2.5~4.0

 

標準より大柄な猫種

オスの平均体重/kg メスの平均体重/kg
アメリカンショートヘア 4.0~7.0 3.0~6.0
エキゾチックショートヘア 4.7~7.0 3.0~6.0
オシキャット 5.0~7.0 2.8~5.5
サイベリアン 6.0~10.0 4.5~9.0
ノルウェージャンフォレストキャット 4.5~8.0 2.8~5.5
ベンガル 4.6~7.5 3.0~6.0
メインクーン 6.0~9.0 3.5~5.5
ラグドール 5.2~7.3 4.3~5.5

 

【測定タイプ】体脂肪で猫の肥満チェック

猫の場合は、家庭でも簡単に体脂肪率を測定することができます。それは、猫の胴周りと脚の一部の長さを測るという方法です。愛猫の体脂肪を定期的にチェックして肥満予防に努めましょう。見た目や触診だけのチェックではよく分からなかったという方は、こちらの方法がおすすめです。

猫のBMI01

<猫の体脂肪率の測り方>
1.胴周り(第9肋骨の周囲の長さ)を測ります。
2.脚の長さ(ひざからかかとまでの長さ)を測ります。
3.1の胴周りの数値を(A)、2の脚の長さの数値を(B)として下の表に当てはめ、(A)と(B)が交差した部分が体脂肪率です。
4.もしくは下記の計算式でも求めることができます。
【体脂肪率(%)=(1.54×胴周り)-(1.58×脚の長さ)-8.67】

猫のBMI02
出典:ROYAL CANIN(https://www.royalcanin.co.jp/new/health_nutrition/health/obesity/check-win02.html)

病気の危険も!猫の肥満によるリスク

肥満の猫

肥満チェックで愛猫の肥満が発覚した方、もしくは、肥満気味かも…と感じた方は、注意が必要です。人間と同じように、猫の肥満はあらゆるリスクが高まります。

関節や筋肉への負担

体重が増えることによって、足や腰に負担がかかり、体を動かすことが難しくなったり、億劫になったりし、肥満に拍車がかかります。病名としては、関節炎、椎間板ヘルニア、靱帯断裂など。

心臓や血管への負担

肥満の猫は、痩せた猫よりも毛細血管が発達し、痩せた猫よりも血管が長くなります。酸素や栄養を供給するためには、血液の量を増やさなければいけないことになり、その結果、血圧が上がり心臓に負担がかかります。たとえば、心肥大、心不全、高血圧など。

呼吸器への負担

首のまわりに脂肪がつくことで気道が圧迫され、呼吸がにしくくなります。肥満による心臓への負担で心臓病を患っている猫の場合、呼吸困難を起こしてしまうこともあり、実際に呼吸器不全で亡くなっている肥満猫もいるのです。

糖尿病を発症する

肥満が原因で、血糖値を一定に保つ役割をしているインシュリンが効きにくくなり、糖尿病傾向が高まります。

皮膚病になりやすい

体の柔軟性が低下して全身の毛づくろいが困難になり、皮膚トラブルの原因になったり、皮下脂肪が増えて皮膚への栄養血管に負担がかかり、皮膚病になりやすく、傷などが治りにくくなります。

便秘になりやすい

肥満によって内臓脂肪が増えると腸が圧迫されたり、腸のまわりに脂肪がつくことで腸内が狭められ、便がスムーズに排出されにくくなります。

麻酔のリスクが高くなる

肥満の猫に麻酔薬を投与した場合、大量にある脂肪に行き渡ろうとするため、麻酔の効きが悪くなります。効かせるために大量の麻酔薬が必要となり、それだけ麻酔のリスクが高くなります。肥満が呼吸の妨げになり、呼吸困難に陥るリスクも高まります。病的な肥満猫の場合、麻酔のリスクによる死亡率は70%だといわれています。

※病的肥満とは、理想体重を30%超えたレベルとされています。
 

猫の肥満の原因は?

肥満の猫

病気のリスクが高くなってしまう猫の肥満。では、その原因はどういったところにあるのでしょうか?

フードの量が多過ぎる

肥満の一番の原因は、消費カロリーよりも摂取カロリーが多過ぎること、つまり食べ過ぎが大きな要因として考えられます。

フードの内容が合っていない

猫は、肉食の動物であるため、肉や魚などのタンパク質を多く必要としています。しかし、市販のキャットフードの中には、トウモロコシなどの穀物類を主原料としたり過剰に配合したりしているフードがあります。猫は穀物類をほとんど必要としないうえに、穀物類の消化の際に体に負担がかかってしまうため、穀物類を摂り過ぎると肥満につながります。

運動不足

運動不足によって消費するエネルギーが少なくなると、余ったエネルギーが脂肪に変換されてしまいます。

体質的に太りやすい

遺伝的に太りやすい体質だったり、特にストレスに弱い猫の場合は、過食などで肥満につながることがあります。

不妊・去勢手術

不妊・去勢手術をした猫は、代謝が落ちたり、ホルモンのバランスなどの影響で太りやすい傾向にあります。性という欲から解放されることで、食という欲求が中心となり、食欲増進にもつながります。

加齢

加齢によって基礎代謝が下がっていくため、今までと同じように食べていても、エネルギーが余りがちになって太りやすくなります。

病気

病気が原因で肥満になることがあります。病名としては、甲状腺機能低下症やクッシング症候群、高脂血症などが挙げられます。
 

【猫のダイエット】肥満の対処法

猫のダイエットの目的は、肥満によるリスクから大切な愛猫を守ること。肥満の原因をみてきましたが、病気が原因で起こる肥満以外は、食事制限と運動で予防・対処することができます。

食事によるダイエット

肥満の猫の食事によるダイエット

フードの量を減らす

本格的なダイエットは、獣医師の指導の下でおこなう必要がありますが、軽度~中度の肥満の場合には、与えるフードの量を調整することによって対応できます。

①通常の量の10~30%減らして体重の変化をチェックする。
※一気に減らすと、ストレスになったり、空腹で胆汁を吐いてしまうこともあるので、様子をみながらおこないましょう。

②1週間で体重が1~2%減るくらいの割合で徐々に体重を減らしていく。

③空腹感を抑えるために、1日の量を3~4回に分けて与える。

※与えるフードの量を40%以上減らすといった急激なダイエットは体に悪影響を与える危険があります。

 

フードの内容を見直す

市販のキャットフードの原材料に多用されている穀物類は、猫の肥満の原因の一つです。穀物不使用(グレインフリー)で肉類がメインの高タンパクなキャットフードへ見直すことによって、体の締まった筋肉質な体型を目指すことができるでしょう。

グレインフリーのおすすめキャットフード

カナガン キャットフード

カナガン キャットフード

カナガンは、チキンなどの肉類を主原料とし、その他にも猫の体を考慮して独自に選び抜かれたもので作られています。

その証拠に穀物類は避け、穀物原料の代わりになる炭水化物源として、消化率の高いサツマイモを採用しています。

カナガン キャットフード
対応種 全猫種・全年齢
原産国 イギリス
主な原材料 乾燥チキン
タンパク質 37.00%
炭水化物 26.00%
穀物類 穀物不使用(グレインフリー)
添加物 人工添加物不使用
エネルギー(100gあたり) 約390kcal
価格・内容量 3.960円(1.5kg)
価格比較(1kgあたり) 2,640円
【特徴】
穀物不使用(グレインフリー)高タンパク質・低炭水化物・人工添加物不使用・ヒューマングレードの原材料・尿路結石予防

 

運動によるダイエット

肥満の猫の運動によるダイエット

キャットタワーでの上下運動が

ダイエットには、上下運動が一番効果的です。関節への負担がない猫や高齢ではない猫、循環器系に異常がない猫であれば、キャットタワーなどを使って遊びに誘ってあげましょう。

キャットタワーを置いていないお宅では、階段にキャットフードを一粒ずつ置いて意図的に上下運動させるなど。テーブルやソファなどの家具の段差も有効利用できます。

猫は持久力がないので、15分程度を1日に2~3回小分けにしておこなうのが良いでしょう。運動量を増やすだけでダイエットを成功させるのは難しいので、食事量・内容の見直しとの併用がおすすめです。

猫のダイエットについては、以下の記事で解説していますので、ダイエットの方法やコツが詳しく知りたい方は、是非チェックしてみてください。

人気のねこ

ねこワード