【口コミまとめ】カナガンキャットフードの気になる口コミ「食べない・食いつきが悪い」

猫にやさしい穀物不使用のグレインフリーキャットフードのカナガンですが、どんなに猫の体に良くても、食べてくれなければ意味がないですよね。

カナガンキャットフードの口コミを見てみると、「食べない」「食いつきが悪い」という評判をチラホラ見かけます。

「食べない」「食いつきが悪い」という口コミの評判は本当なのでしょうか?

もし事実ならどのように対処すれば良いのでしょうか?

愛猫と共に検証してみました。

カナガンキャットフード「食べない・食いつきが悪い」口コミ

悪い口コミ

食べませんでした

★☆☆☆☆
うちの2匹は食べないので、うちの猫の口には合わなかったんだと諦めて友人に譲りました。
確かに猫の身体にはいいのかもしれませんが、食べなければ意味がありません。

残念、食べない

★☆☆☆☆
2匹いますが、どちらも食べない。
長年食べさせていたものが薄味っぽいので、ワイルドなご飯は合わなかったみたいです。

猫にも好みがあるようで…

★☆☆☆☆
我が家の猫は食べないです。
少量タイプがあればよかったのに……と思っています。

食いつきが悪いです

★★★☆☆
食いつきが悪いです。
添加物無しでいいとは思いますが、どの子も食いつきが良いと言うのは、言い過ぎのような気がします。

あまり好きじゃなかったみたい

★★★☆☆
うちの猫たちに少しでも身体によいものを、と購入。
しかし猫たちはあまり好きじゃなかったみたいで残念です。

 

カナガンキャットフード食べる?食べない?実際に与えてみました

カナガンキャットフード100円モニター10

粒の大きさは市販品と大差ない感じなので、大きすぎて食べづらい、という理由で食いつきが悪いということはなさそうです。

カナガンキャットフードをわが家の猫に初めて与えてみた時の動画がこちらです。

カナガンに興味を示していますが、ニオイを嗅ぐばかりで食べようとはしません。

やっぱりわが家の猫もカナガンキャットフードを食べないのでしょうか。(汗)
 

カナガンキャットフードを食べない時はどうすればいいの?

1.キャットフードの切り替え方を見直す

カナガンキャットフードの食いつきが悪い・食べない時は、フードの切り替え方に問題がないか見直してみましょう。
 

フードの正しい切り替え方

キャットフードを切り替える時は、急に新しいフードに切り替えるのではなく、全体の量を維持したまま、以前のフードから新しいフードの割合を少しずつ増やしていく必要があります。

日数 以前のフード:新しいフード
1日目 9:1
2日目 8:2
3日目 7:3
7~10日目 0:10
カナガンキャットフード 切り替え

このように、一週間~10日程かけて少しずつ新しいキャットフードに切り替えるようにすることで、猫ちゃん自身も新しいフードに慣れることができるため、「食べない・食いつきが悪い」という問題を防ぐことができます。

カナガンの公式ホームページでも下記のような説明がされていました。

※現在お使いのフードからカナガンに切り替える場合、食べ慣れたフードにカナガンを少しずつ混ぜ、少なくとも7日間ほどかけてゆっくり慣らしていくようにしてください。1日目は、カナガンを25%、もとのフード75%の比率で、3日目は50%、5日目は75%、7日目は100%カナガンを与えるようにしましょう。

 

2.キャットフードの主原料を見直す

愛猫にストレスを与えないように、フードの切り替えに1ヶ月以上時間をかける方もいるようですが、それでもやっぱりカナガンキャットフードを食べないという場合は、キャットフードを見直す必要があるかもしれません。

キャットフードには、チキンを主原料としたもの、サーモンを主原料としたもの、白身魚を主原料としたもの、穀類を主原料としたもの、主原料が肉と魚半々のものなど、さまざまなものが販売されています。

猫によっては、キャットフードの好みに個体差があることも考えられるので、肉系のキャットフードの食いつきが悪い場合は、魚系のフードを与えてみるなどして対処していくと、愛猫の好みが明確になってくると思います。

主原料別のおすすめのキャットフードは以下の通りです。

おすすめの肉系キャットフード

カナガンキャットフード 原材料イメージ

 

おすすめの魚系キャットフード

シンプリーキャットフードの原材料

 

おすすめの肉&魚系キャットフード

ジャガーキャットフード 原材料

 

穀類キャットフードは避けて

肉食動物の猫の体は、穀物の消化吸収に適していないため、キャットフードに穀物が配合されていると消化器官に負担がかかります。

さらに、穀物入りのフードは炭水化物の摂取量が増えるため、肥満や糖尿病などの原因になることも考えられます。

猫ちゃんの穀類アレルギーの有無にかかわらず、できるだけ穀類のキャットフードは避けてあげてください。
 

カナガンキャットフード食べる?食べない?実際に与えてみました<続き>

カナガンキャットフード100円モニター11

フードの切り替え方を見直して、以前のフードの中にカナガンキャットフードを少量混ぜて与えてみました。

すると、今度は普通に食べてくれました。

カナガンが入ってることに対しての違和感もほとんど感じてない様子です。
 

カナガンキャットフード100円モニター09

そして、カナガンキャットフードへの完全切り替えでは、こんなに勢いよく食べるまでになりました↓↓↓

慣れてきたのか、以前のフードだけの時よりも勢いがあるくらいです。

わが家の猫は、肉系のキャットフードが好きな子だったのかも。
 

カナガンキャットフードを食べない理由

カナガンキャットフードを食べるか食べないかについて検証してみましたが、最初から難なく食べるのは難しそうだという結果でした。

食べた事のないものを差し出されたら、やっぱり誰だって警戒してしまいますよね。

相手が人間だったら説明すれば済む話なのですが、猫ちゃん相手だとなかなかそうもいかないので、フードの変化に気付かれないように、猫ちゃんの負担にならないように与えてあげるようにしなければならないと再認識しました。

さらに、今回の結果でわが家の猫は、肉系のキャットフードが好きだということが判明したので、それを今後のキャットフード選びに活かしていきたいと思います。

人気のねこ

ねこワード