猫好きに大人気!ビーサイドレーベルのステッカーを楽しむ5つの方法♪

ビーサイドレーベル ステッカー

猫モチーフのステッカーを数多く手がけているビーサイドレーベル。かわいいものから、おしゃれなもの、笑えるものまで、その内容はさまざまです。

 

猫好きとしては、一度ショップを訪れてみたい……と思っていた矢先に知ったのがビーサイドレーベルの実演販売。丁度、近くの東急ハンズでおこなわれることを知った私は、ステッカーとの素敵な出会いを夢見て足を運ぶことにしました!

 

そしてそこで感じたのは、ビーサイドレーベルのステッカーには、いろんな楽しみ方があるということです。

 

 

①ステッカー秘話が聞ける

直営店は、南船場・京都・下北沢・原宿・吉祥寺・名古屋にあります。そして、それ以外の場所でも定期的に実演販売で全国をまわっています。ビーサイドレーベルの店員さんがいるお店に行くと、ステッカーについての裏話が聞けたりして、とてもおもしろいので、機会がある方は是非遊びに行かれてみてください。
20160709_01

私も先日、熊本の東急ハンズでおこなわれていたビーサイドレーベルの実演販売に行って来ました。そこで、ルンルン気分でステッカーを探していると、店員さんから声を掛けられたのです。

 

「束になっているステッカーを捲ると、色違いや柄違いが隠れてるステッカーもあるので、いろいろ見てみてくださいね」と。

 

さっそく、調子に乗ってステッカーをパラパラしていると、出てきました!出てきました!!

20160709_02

「ネコの中になんかちゃうやつおる」の下に、「ネコめっちゃおる」が!

猫種の違う「ネコまったり」の下には、白猫の「ネコまったり」が!!

 

同じカタチのステッカーで、色違いやデザイン違いがあるなんて、集め甲斐がある上に、見ているだけで楽しくなっちゃいますよね。そして私は、その場から何時間も動けなくなってしまうのです。

 

そんなこんなで、悩みに悩んで7種のネコステッカーを購入しました。

 

ネコバンドステッカー

まずは、「ネコバンド」+αのみなさんです。

20160709_03

 

なぜ+αかと言うと、実はこのステッカーの元は↓こう↓です。

20160709_04
出典:B-SIDE LABEL

元々は4匹編成の「ネコバンド」なのですが、どうしてもDJを入れたかったので、個別売りのものを購入してDJをメンバー加入させました。こういう楽しみ方が出来るのも、ビーサイドレーベルのおもしろいところかもしれません。

 

そして、この「ネコバンド」ですが、良く見ると全員集合しているステッカーと個別のステッカーとで、ネコさんのお顔が違うのです。不思議に思っていると、「集合しているのはライブ中だから勇ましい顔になっていて、個別のは個人練習中だから穏やかな顔になっている」のだと、店員さんが教えてくれました。

 

何ということでしょう。ステッカーにそんな裏話が隠されているなんて、楽し過ぎます。

 

 

Calm in the cityステッカー

デザインがおしゃれで気に入ったのがこちらのネコステッカー。

20160709_05

猫って、よく窓辺などで外の世界を見つめていたりしますよね。そんなイメージで、猫が見ている世界を体の部分にデザインしたステッカーなのだそうです。さらに、白黒の配色にも理由がありました。

 

20160709_06
出典:B-SIDE LABEL

このネコステッカーは、元々は色鮮やかなこっちのタイプがデフォルトで、体の部分にデザインされているのが明るいお昼の世界なのだそうです。つまり、さっきの白黒のタイプは、夜バージョンのレアステッカーだということ。猫ちゃんの目が街灯の明かりになっているのが夜の証なのだとか。

 

 

チェシャ猫ステッカー

映画の公開でも話題を呼んでいる”ふしぎの国のアリス”に出てくるチェシャ猫ステッカーも発見しました。

20160709_07
出典:B-SIDE LABEL

こちらも、ピンクのチェシャ猫ステッカーの下に、ブルーのチェシャ猫ステッカーが隠れていました。チェシャ猫ステッカーは、ピンクがデフォルトで、ブルーがレアのようです。

20160709_08

アリス好きの私は、「”アリス・イン・ワンダーランド”に出てくるチェシャ猫がブルーだから、それに合わせているのね!?」と、感嘆していたのですが、店員さんいわく、たまたまだったそうです。これには、つい笑ってしまいましたが、せっかくなので偶然の産物もゲットしておきました。

 

 

②ビーサイドレーベルの通販に期待

直営店や実演販売になかなか行けない、という方は、ビーサイドレーベルの通販がありますので、そちらを有効的に活用しましょう。

20160709_09
出典:B-SIDE LABEL

通販では、主にステッカーとマスキングテープが購入出来ます。マスキングテープでデコるのも楽しそうです。

ですが、そのラインナップは、直営店並みとまではいかないのが現実。
 
しかーし!今後は、通販を強化していくという戦略があるのだとか。

20160709_10
出典:B-SIDE LABEL

ビーサイドレーベルによると、「今まで直営店でしか買えなかった雑貨や期間限定商品がオンラインでいつでも買える!!そんな文明開化がやってまいります♪」とのことです。期待しましょう!

 

 

③持ち物をデコレーション

ショップや通販で、商品を買って満足してそのまま放置、という経験はありませんか?ステッカーは、集めるのが一つの楽しみでもありますが、せっかくゲットしたステッカーを仕舞ったままにしておくのは、もったいない。ありとあらゆるものに貼りまくって、持ち物を自分らしくデコレーションしちゃいましょう!

 

参考までに、ビーサイドレーベル愛用者のみなさんのステッカーデコ作品を集めてみました。

 

パソコン・携帯電話

BUSANさん(@wan2slow)が投稿した写真

ビーサイドレーベルのステッカー愛用者の間でよく見られる透き間なしのベタ貼り。多少センスが問われますが、失敗してもまた上からステッカーを貼れば問題ないので、きっと大丈夫です。

 

 

統一感があってかっこいいステッカーデコ。その人のひととなりが見えてくるのもステッカーのおもしろいところです。

 

 

華穂さん(@kahokimagure)がシェアした投稿

ケースの土台を自身で色付けして、その上からステッカーを貼って手づくりされている力作です。

これはかっこいい!!

 

 

携帯電話に直接ステッカーを貼る勇気が出ない方は、透明のケースに貼ったり、間に挟むのがおすすめです。

 

 

車や自転車

Chie Yanoさん(@hatena5260)がシェアした投稿

みんな同じに見える車も、ステッカーひとつで味が出ます。

車以上に愛着が湧きやすい自転車。ステッカーを貼ると、より愛しさが増しそうです。

 

 

ボード

防水加工バッチリなので、マリンスポーツにもスノーボードにも良さそうです。

 

 

シンプルなボードには、特にステッカーを貼りたくなりますね。

 

 

子どもの持ち物

Yuさん(@yuyukotora)が投稿した写真

”自分のもの”というアピールに、ステッカーを貼るのもおすすめです。お子さんが好きな柄を選んであげると喜んでくれそうです。

 

 

Masakiさん(@hakumele64)が投稿した写真

特にまわりとかぶりやすい持ち物にステッカーを貼ると、本人が”自分のものだ”と分かりやすくなるというメリットもあります。

 

 

スーツケース

@irhangkimが投稿した写真

いつも携帯するものではないし、旅行先ではちょっとハメをはずしたいもの。そんな時のお供のスーツケースには、ステッカーをベタ貼りして目立っちゃいましょう。

 

 

楽器

紅緒さん(@benio2918)が投稿した写真

ヘッドフォンに良い感じ貼られているステッカー。ネコバンドの曲が聴こえてきそうです。

 

 

@greed_g.junがシェアした投稿

ギターに貼っている方もチラホラ見かけました。ステッカーを貼ると楽しい音楽が演奏できるのかもしれません。

 

 

④シェアしてステッカーの輪を広げる

ステッカーをプレゼントする

ステッカーの中には、メッセージ性のあるものや、笑いを誘うものなどもたくさんあります。大好きな友だちや、ちょっとお世話になった人にプレゼントしても喜ばれそうです。
20160709_11 20160709_1320160709_1220160709_14 20160709_15
出典:B-SIDE LABEL

 

 

ステッカーをSNSに投稿する

ステッカーデコしたものをTwitterなどに#bsidelabelというタグをつけて投稿すると、ビーサイドレーベルの公式アカウントがリツイートしてくれることもあるようです。

公式さんにリツイートしてもらうと、嬉しいですよね。ステッカーの輪も広がるかもしれません。

 

 

⑤イベントに参加してビーサイドレーベルを知る

「あなたのデザインをステッカーに!」

直営店では、いろんなイベントが開催されています。これから開催されるのが、「あなたのデザインをステッカーに!」というイベント。その名の通り、自分で持ち込んだイラストや写真などをステッカーにしてくれるというものです。

1枚310円~と、とても良心的な価格です。この機会にオリジナルのステッカーを作ってみるのも楽しそうです。

 

 

ライブペイント

作家さんによるライブペイントが開催されることもあります。目の前で、描いているところが見られるのはとても貴重です。絵を描くのが好きな人にとっては、勉強にもなりそうです。

 

 

似顔絵イベント

同じく、作家さんによる似顔絵イベントというものもあります。自分の好きな作家さんに描いてもらえたら、嬉しいですよね。私なら飼っている猫を連れて行って、猫の似顔絵を描いてもらいたいです。

 

誰もが楽しめるポップなアートをステッカーで表現しているビーサイドレーベル。創業から10年以上、今までに制作したステッカーは2000種類を越え、今なお年間200種類近い新作を出し続けているそうです。

 

そんなビーサイドレーベルだからこそ、温かみと味のあるステッカーに出会えるのかもしれません。

みなさんも、自分好みのステッカーを見つけてみてください。

 

人気のねこ

ねこワード