シンプリー キャットフードの口コミ評判や安全性・お得な購入方法

シンプリーキャットフードは、愛猫が健康的に長生きできるように、動物栄養学者によって共同開発されたサーモンベースのプレミアムキャットフード。

シニアになってもずっと安心して使い続けられるよう作られているそうです。

そこで気になるのは、やっぱりキャットフードの成分と安全性ですよね。

今回は、シンプリーキャットフードの原材料と成分を徹底的に見ていきたいと思います。

そして、実際の評判や口コミはどうなのか、さらにはシンプリーを安く購入する方法なども調べてみました。

シンプリーキャットフードの評判と口コミ

シンプリーキャットフードに対しての「良い・まぁまぁ・良くない」それぞれの評判と口コミを調べてみました。

食いつきが良い

★★★★★
以前のフードから切り替えたら、驚くぐらいの食い付きで、とても美味しそうに食べてくれます。毛艶も良いです。

高齢の猫のために

★★★★★
病的に痩せ始めた高齢のうちの猫のために、試しに買ってみたところ、自ら進んで食べてくれたのがこのドライフードでした。
これからもっとたくさん食べて体重が少しでも戻ってくる事に期待しています。

ボチボチ食べてます

★★★☆☆
他のフードと半々で混ぜ込まないと食べません。
内容的には良さそうなのですが、ニャンズのウケはまずまずなのかな~っといった感じです。

食べません

★☆☆☆☆
2匹猫がいますが、それほどとびつきませんでした。
国産の安い餌のように、匂いで釣って食べさせるというものではないようですが、あまりにも食べないので鰹節煮干しを袋に入れて匂いをつけて食べさせてます。
良さげな感じなのですが残念です。

 

シンプリーキャットフードの原材料

シンプリーキャットフードの原材料
”骨抜き生サーモン(31%)、さつまいも、乾燥ニシン(12%)、乾燥サーモン(11%)、じゃがいも、サーモンオイル(8.1%)、乾燥白身魚(6.5%)、生マス(4.65%)、サーモンスープ(2.3%)、ミネラル、ビタミン、アルファルファ、クランベリー、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、ほうれん草、海藻、カモミール、ペパーミント、マリーゴールド、アニスの実、フェヌグリーク”

チキンや穀物を主原料としているキャットフードが多い中、シンプリーはサーモン50%以上配合しています。

いろんなキャットフードを試している方などは、明らかにここが違うな、と思われるのではないでしょうか。

そのため、チキン系のキャットフードと比べると、ある成分の割合が格段に高くなっています。

その成分について、次の成分値の項目で見ていきたいと思います。
 

シンプリーキャットフードの成分

シンプリーキャットフード成分値
粗タンパク質 37.00%
脂質 20.00%
炭水化物 25.00%
粗灰分 9.50%
粗繊維 1.50%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 1.33%
オメガ3脂肪酸 3.89%
リン 1.32%
マグネシウム 0.13%
カルシウム 1.89%
カリウム 0.59%
エネルギー(100gあたり) 約380kcal

 

炭水化物は表示がないので、計算によって算出しています。次の計算式によって、おおよその数値を求めることができます。

100-(タンパク質+脂質+繊維+灰分+水分)=炭水化物の含有量(%)

シンプリーは、猫本来の生態に合った食事を追求して作られています。

猫にとって、タンパク質が豊富であることが絶対条件であり、そのうえで健康をサポートするための栄養素もバランスよく配合されています。
 

オメガ3脂肪酸

さらに、シンプリーはその他のキャットフードと比べても、オメガ3脂肪酸の割合が非常に高くなっています。

オメガ3脂肪酸とは、必須脂肪酸の一つであり、青魚に多く含まれているものなので、魚を豊富に使用しているシンプリーならではの特徴です。

では、オメガ3脂肪酸とはいったいどういうものなのか、次項のシンプリーキャットフードの特徴の中で詳しく見ていきます。

原材料や成分値については、シンプリーの公式サイトでも詳しく公開されています。

 

シンプリーキャットフードの6つのこだわり

1.魚メインのキャットフード

シンプリーキャットフードは、サーモン配合率が53%以上

さらに、ニシンやマス、乾燥白身魚などを含めると、73%もの魚が配合されています。

これらの原材料は、高品質なものを厳選しているので、4Dミート(魚副産物)が含まれている心配もなく、安全なキャットフードです。

 

2.スムーズな消化のためのグレインフリー

猫の体は腸が短い分、小麦などの穀物類を消化する際には、消化器官に負担がかかると言われています。

そのため、シンプリーでは穀物を使用しないグレインフリーレシピとともに、消化率の高いサツマイモを採用しています。

肥満の原因にもなりかねない穀物メインのキャットフードと比べ、消化しやすく腹持ちの良い材料で作られているシンプリーは、健康的に長く愛用できます。
 

3.シニア猫におすすめしたい成分たっぷり

猫の体では生成することが出来ない必須脂肪酸として、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸があります。

これらには、皮膚や被毛の健康維持成長期のエネルギー源腎臓病炎症性疾患に対する効果があるので、幅広い年代においてバランスの取れた摂取が望ましいと言われています。

一般的にキャットフードには、オメガ6脂肪酸が使用されている傾向にありますが、それぞれ役割が違うので、オメガ6脂肪酸、オメガ3脂肪酸の両方が配合されているものがおすすめです。

特にシンプリーには、オメガ3脂肪酸がたっぷりと配合されており、その比率は驚くことにオメガ6脂肪酸のおよそ3倍も含まれています。

オメガ3脂肪酸には、血液をサラサラにしてくれる効果があり、肥満関節炎にも良いとされています。
 

4.尿路結石やヘアボールのトラブルにも

シンプリーは、猫に多く見られる尿路結石(FLUTD)ヘアボールなどのトラブルにも配慮した原料のバランスで作られています。

シンプリーに含まれるクランベリーは、尿路結石の原因となる尿のph値を安定させ、食物繊維が豊富なオリゴ糖は、便の排泄をスムーズに促してくれるので、あらゆる面での健康維持をサポートしてくれます。
 

5.人工添加物不使用だから安心

猫の健康と美味しさの両方にこだわって作られたシンプリーは、猫の食事も、自分たちのご飯と同様、人工添加物についても考慮して選ぶべきだと考えています。

そのためシンプリーには、合成着色料や合成保存料、人工調味料などはいっさい使われていません
 

6.美味しさにも徹底的なこだわり

「買った餌をなかなか食べてくれない…」

飼い主さんからそんな話をよく聞きますが、猫は味覚を感じる器官が、人のわずか5分の1ほどしかないそうです。

そのため、食べ物を選ぶ時は、味覚だけではなく、嗅覚や触角なども活用しているのだとか。

シンプリーは、肉食の猫が好む高タンパク質かつ、食欲をそそる香りと味など、猫が美味しいと感じるものを追求して作られています。
 

シンプリーキャットフードの危険度は?

シンプリーキャットフードの危険性について調べてみました。下記は、猫の体に悪いとされる原材料の一覧です。

食用にならないくず肉などの4Dミート。猫の体に負担がかかるトウモロコシや麦類などの穀物

中でも怖いのが合成保存料です。発がん性があるとされているBHAやBHT。特にエトキシキンは、食品添加物としては認められていない毒性の強い添加物です。

4Dミート(肉副産物) トウモロコシ(穀物) 麦類(穀物)
なし なし なし
BHA(合成保存料) BHT(合成保存料) エトキシキン(合成保存料)
なし なし なし
合成着色料 人工香料 人工調味料
なし なし なし
遺伝子組み換え原材料 成長ホルモン剤 ビートパルプ
なし なし なし
シンプリーキャットフードの危険度は「

シンプリーキャットフードには、危険とされる上記の原材料の使用がなく、安全度の高いキャットフードと言えそうです。そのことについては、シンプリーの原材料の表示を見ると明らかです。

フードは長い年月摂取するものです。微量であっても、食べ続けることによって毒物が蓄積され、健康被害につながることも考えられます。

 

シンプリーキャットフードの価格比較

価格が安いといえば、Amazonや楽天市場などの通販サイト。

フードは一生涯 購入していくものなので、より安くお得に購入できると良いですよね。

そこで、通販大手の2社のAmazonと楽天市場、ホームセンター、シンプリー公式サイトでのシンプリーの価格を比較してみたいと思います。

Amazon

都度購入1袋 4,730円
定期コース1袋 取り扱いなし
Amazonにも、シンプリーキャットフードの取り扱いはありますが、特にコース選択などはないので、単品を都度購入することになります。

 

楽天市場

すべて取り扱いなし。

現在のところでは、楽天市場でのシンプリーキャットフードの取り扱いはありませんでした。

 

ホームセンターやペットショップ

店頭販売では、シンプリーキャットフードの取り扱いは見当たらないのが現状でした。

シンプリーの公式サイトに、お店では販売していないと記載されてはいたのですが、念のため近所のホームセンターなどを探してみましたが、やはり見つかりませんでした。

流通にかかるコストや日数を出来る限り省き、新鮮なフードを届けたいというシンプリーのこだわりなのだそうです。

 

シンプリー公式サイト

都度購入1袋 3,960円
都度購入2袋(2袋購入の際の1袋あたりの価格) 3,762円(5%OFF
定期コース1袋 3,564円(10%OFF
定期コース2袋(2袋購入の際の1袋あたりの価格) 3,366円(15%OFF
【最安】定期コース20,000円以上(20,000円以上購入の際の1袋あたりの価格) 3,168円(20%OFF

※価格はすべて税抜きです。

都度購入、定期コースのどちらの場合も、購入数が増えると、合計金額に応じて割引率が高くなります。

上記の表からすると、Amazonで購入する場合と比べ、シンプリー公式サイトでは、最大で1,562円安く(1袋あたり)購入できます。

2社を比較すると、シンプリーの公式サイトを直接利用した方が賢い買い物ができそうです。

↓シンプリーをより安く購入するなら↓

 

人気のねこ

ねこワード