「せかいいちのねこ」子供も大人も楽しめる優しくて切ない猫の絵本

みなさま、絵本って読まれますか?

絵本といえば、やはり小さな子どもに読み聞かせてあげるイメージがありますよね?

本来の目的は、子どものこころを育みためのものだと、私も思います。

Print
出典:ヒグチユウコ

ですが、そのためか、人として、とても大切なことを、とてもシンプルに描かれている作品が多いのです。

小さな子どもにも伝わりやすように。

 

 

そんな絵本を読み返す大人が増えています。

私もそのうちの一人です。

そんな一人として、これは欲しい!と思った絵本が、なんと本日11月20日(金)に発売されます。

20151120_01
出典:ヒグチユウコ

画家のヒグチユウコさんが手がけられた『せかいいちのねこ』です。

 

「なんてやさしいねこなんだろう。ぼくも あんなやさしいねこになりたい」

男の子に永遠に愛されるために、本物の猫になりたいと願うぬいぐるみのニャンコと、旅先で出会うさまざまな猫たちとの心温まる絵物語。になっているそうです。

Print
出典:ヒグチユウコ

そのストーリーはもちろんのこと、絵もやはり絵画レベルに素敵なので、なんだかもうページを開くだけで楽しくなりそうです。

 

こちらは、ヒグチユウコさんのツイッターです。

どうやらサイン本とやらもあるみたいなので、皆さま頑張ってゲットしましょう!

 

しかも、初回限定には、ポストカードもついてくるそうです。

ヤ、ヤバイ!私も早く買いに行って来ます!!

 

dma-03.tif
出典:ヒグチユウコ

せかいいちのねこ (MOEのえほん)

「なんてやさしいねこたちなんだろう。ぼくもあんなやさしいねこになりたい」…。猫になりたいと願うぬいぐるみのニャンコと、旅先で出会う本物の猫たちとの心あたたまる絵物語。猫たちの優しさにふれて成長していくニャンコ。「せかいいちのねこ」とは…。ほんとうの幸せとは…。個性豊かな猫たちの姿も愛らしい絵本。

Amazonで購入する

人気のねこ

ねこワード