猫と人間の赤ちゃんの上手な付き合い方

妊娠が分かったら、出産や育児の為にたくさんの準備を始めなくてはいけないですよね。
 
もしも、猫さんと暮らしている場合、どのような事に気をつけるべきなのでしょうか?

知っておくだけでも損は無いですよ♪

猫と人間の赤ちゃんの上手な付き合い方

猫から感染する病気はあるの?

動物と人間両方に感染する病気を「人獣共通感染症」と呼びます。一緒に暮らしている猫が病気の原因となるウイルスを持っているかどうか気になりますよね。
 
もし検査しておきたいという場合は、獣医さんにて抗体検査をしてもらうことが出来ます。家から一歩も出たことがない猫の場合は別として、外に出て行く猫や元々は野良猫だった場合には、ウイルスを保持している可能性がゼロとは言えません。
 
とは言っても、神経質になる必要はありません。今まで家族として生活を共にしているわけですから、病気の場合はあなたが一番に気付くはずですからね♪ノミやダニの対策もお忘れなく!

トキソプラズマ

猫はトキソプラズマを持っているから…なんて話、耳にしたことありませんか?
 
トキソプラズマは人獣共通感染症の1つで寄生虫の仲間です。人間を含めた、ほぼ全ての哺乳類と鳥類に感染します。つまり、猫と暮らしているから…ということではないんです。
 
妊娠中にトキソプラズマに感染すると、胎児に重篤な障害や流産を起こすことがある!!と思っている方が多いのですが、正しくは「妊娠中にトキソプラズマに初めて感染すると、胎児に重篤な障害や流産を起こすことがある」のです。
 
猫と暮らしている方であれば、もしかしたら既に過去に感染してたかもしれません。過去に感染していた場合であれば、胎児に影響は出ないのです。妊娠後に、病院でいくつかの病気に対して抗体があるか検査をするかと思います。その際に、トキソプラズマの抗体検査を受けると安心できるかもしれません。

猫

また、トキソプラズマは猫の排泄物から感染しますので、妊娠中はトイレのお世話を交代してもらう、もしくは使い捨てのビニール手袋を使用して掃除を行うなどの対策をすると、より安心かと思います。

ちなみに、猫がトキソプラズマを排泄するのも、初めての感染の場合のみです。過去に感染している場合には排泄されません。と考えると、感染の可能性は本当に低いものだという事が分かっていただけると思います。
 
妊娠中は、猫の口にキスをするなどのスキンシップは避け、意識して手を洗うなどのケアをしましょう♪

赤ちゃんと猫

赤ちゃんと猫

出産後に始まる猫との生活。猫は赤ちゃんのことをどう思うのでしょう?家庭内の変化にストレスを感じるのでしょうか?
 
猫は自分の生活スペースの変化にとても敏感です。また、出産が近づくと猫も雰囲気を感じ取り、緊張したりするようです。猫のストレスを少しでも軽くするために、出産前から準備をしておきましょう。
 

☆猫の生活スペースの変更

出産を気に、家具の配置換えやベビーベッド等の新たな家具が増えるかと思います。また、家具の配置換えに伴い、猫の生活スペースの変更などが発生する事も。
 
少しでも猫のストレスを軽減させるために、出産前から準備をして慣れる時間を作っておきましょう。出来れば猫のパーソナルスペースを設けると、猫にとっては安心できるかと思います。

ファーストコンタクト

ファーストコンタクト

猫は神経質な動物です。いきなり現れた赤ちゃんに警戒しない猫はいないでしょう。
 
赤ちゃんとの対面の前に、まずはあなた(お母さん)が猫と再会しましょう。猫と赤ちゃんを対面させる場合は、赤ちゃんが寝ている、もしくは起きていても泣いていない時にしましょう。
 
決して、猫を抱っこして赤ちゃんに会わせたりするのではなく、赤ちゃんに猫が自分のペースで近づけるように見守ってください
 
赤ちゃんと猫を仲良くさせるために、最初のうちはご褒美を用いても良いかも♪猫が赤ちゃんに近づいたらオヤツを上げる。そうする事で「赤ちゃんの近くに行くといいことがある」と思ってくれるでしょう。

猫はきっと赤ちゃんにとって初めてのお友達になってくれるはずです。
 

ママの代わりに添い寝だって喜んでしてくれるし
 

遊び相手にだってなってくれます
 

ママと共に赤ちゃんの成長を見守ってくれるはず
 

ずっとずっと一緒に暮らせますように♡

人気のねこ

ねこワード