ねこ撮影のポイント「目線の位置を合わせて撮る」を実行してみた

年賀状印刷の専門店「挨拶状.com年賀状」さんのサイトで紹介されていた“ねこ写真の撮り方”が気になったので、こちらから仕入れたコツを元に、わが家のにゃんこを撮ってみました。

百聞は一動にしかず、です。

20151105_04
ねこ写真の撮り方|年賀状【2016年申年版】の印刷なら挨拶状.com年賀状

ねこ撮影のポイント

ポイントその①フラッシュを使わない

0420151106_04

フラッシュで目が反射してピカッとなってしまうおそれがあるので、フラッシュをOFFにします。そしてまず、ベッドにて、おくつろぎ中のネコ様へ近づいていきます。

 

ポイントその②目線の位置を合わせてみる

20151106_05

そして、撮り方のポイント「目線の位置を合わせてみる」を実行します。

 

20151106_07

実行します。

 

20151106_08

実行しま…

 

20151106_09

ゴフッッ

 

20151106_10

………

 

20151106_11

ジロリ(ΦωΦ)

 

えっと、つまり、カメラを近づけると、わが家のにゃんこは、荒ぶってしまうという結果でした。

 

遊んでもらえると思ったのでしょうか?((萌))

しかしちょっと撮影どころではない。。

 

いやはや、おくつろぎのところ、大変申し訳にゃいことをしてしまいましたね。

もうちょっと、気配を消す技術が必要です。

 

ポイントその③とにかくひたすら待つ

気配を消して、ひたすら待つ技術が必要になりそうです。

20151106_12

アーメン。。

 

よかったら、みなさんも試してみてくださいね!

人気のねこ

ねこワード