猫さんの夏バテサインと対処法

ジメジメと蒸し暑い夏。

部屋の中に居るとはいえ、熱中症の危険が伴う日本の夏・・・

人間でも夏バテになるのですから、小さな体の猫さんにはもっと辛い季節なのかもしれません・・・

そこで、猫さんの夏バテサインの見極め方と、対処法をご案内♪

猫さんも夏バテに!?

人間も猫も30℃を超すと辛いのは同じこと。人間は汗をかくことで体温調節をしていますが、猫さんは汗をかくことが出来ないので熱がこもりがちに…

では、どうしているのかというと??

猫さんの夏バテサイン

①動きがいつもより少ない

いつもなら部屋の中を動き回ったり、キャットタワーに登っては降りてを繰り返している猫さん。そんな猫さんの動きが減ったり、同じ場所に長く寝ている等の様子が見られたら夏バテかもしれません。人間も夏バテの時は、あまり動きたくないと感じるものですよね。猫さんも同じなのです。動くことで暑さを感じてしまうので、飼い主さんが「ごはんよー!」と呼びかけても来ない…なんてことも。

20160626_01
②頻繁に毛づくろいをしている

猫さんが頻繁に毛づくろいをしていたら、それは「暑~い」と感じているということ。先ほども述べた通り、人間は汗を気化させることで体温を調節していますが、猫さんは汗をかくことが出来ません。なので、体をグルーミング(舐める)することで、熱を気化させて逃がしているのです!

③おしっこの量が少ない

おしっこの量が少ないのも夏バテのサイン。しかも、脱水の可能性があります!ご飯をいつも通りの量食べているのか、水分補給は出来ているかなど気がけて観察してください!

20160626_02

夏バテの対処法

うちの子、夏バテかも!?と思ったら、以下の対処法を試してみてください。

①お水が飲める場所を増やす

猫は犬に比べて水を飲みません。いつものお水の場所に来ない…となれば、水飲み場を増やして、水を飲める機会を増やしてあげましょう!猫さんは家の中の涼しい場所をよく知っています。その近くにお水のお皿を置いてみましょう。また、お水に氷を浮かべると興味をそそられてお水を飲んでくれることもあります!

20160626_03
②涼しい空間づくり

猫さんは暑さよりも湿度が苦手。エアコンで部屋を冷やすのが苦手な飼い主さんはドライ(除湿)にしてみてはいかがでしょうか?ただし、急激に部屋を冷やしすぎるのはNG!エアコンでキンキンに冷えた部屋も、エアコンを切ってしまえばあっという間に熱帯空間に。猫さんは急激な温度変化にとても弱いのです。最近のエアコンは、人を感知して冷房の強弱を自動で行ってくれる優れた機能を持っていますが、犬や猫は感知してくれません。部屋が冷えすぎていないか小まめにチェックしてあげてくださいね。

③水分補給にウェットフードを取り入れてみる

夏バテによる食欲不振が見られたら、水分補給の意味もかねてウェットフードを取り入れてみましょう。いつものドライフードの上に、トッピング程度の量から始めてみると良いですよ♪食欲が戻るのかどうかを観察しながら取り入れてみてください。ウェットフードを取り入れたくないなぁ…という場合は、ペットショップなどにおいてある「ペットの牛乳」や猫用ミルクはいかがですか?食欲不振の際の栄養補給にとても重宝しますよ!

20160626_04

猫も人間も夏バテになりやすい季節…
少しでも快適に過ごせるように工夫して暮らしましょう♪

 

人気のねこ

ねこワード