これはうらやましいニャ!!猫デザインのナンバープレート文京区で交付決定

猫好きには嬉しい&うらやましいニュースです。

東京都文京区が2017年1月より、猫デザインのナンバープレートを交付することを発表しました。

neko-numberplate
出典:文京区@bunkyo.tokyo

区制70周年記念

今回のナンバープレートは、「区制70周年記念オリジナルナンバープレート」として一般応募されたものの中から選ばれた最優秀賞作品を採用したもので、応募総数24点の中から厳正なる審査の結果、選ばれました。

夏目漱石の「我輩は猫である」が由来?

文京区といえば、文豪夏目漱石が執筆活動をした場所としても知られ、特に「我輩は猫である」を執筆し、その作品の舞台ともなった「夏目漱石旧居跡(猫の家)」があることでも有名です。

ナンバープレートのシルエットそのものが本の形になっているうえに、背景にはうっすらと「我輩は猫である」の本文が見て取れます。文京区をアピールしてるうえに、なんとも粋なナンバープレートではないでしょうか。

吾輩は猫である (新潮文庫)

読んだことがなくとも、この題名を聞いたことがないという人はいないでしょう。痛烈でありながら愉快でもある古典的快作、ご一読あれ。

中学教師苦沙弥先生の書斎に集まる明治の俗物紳士達の語る珍談・奇譚、小事件の数かずを、先生の家に迷いこんで飼われている猫の眼から風刺的に描いた、漱石最初の長編小説。

Amazonで購入する

交付開始は2017年1月から

猫デザインのナンバープレートの交付日は、2017年1月を予定していて、原付1種(50cc以下)と原付2種(51~125cc以下)のナンバープレートとして交付されます。

文京区は、「文京区への愛着が深まるとともに、歴史と文化と緑のまち『文の京』をイメージさせるような、想像力豊かでオリジナリティに富んだもの」とコメントしていて、猫デザインのナンバープレートが、文京区の走る広告塔になるとの期待を寄せています。

猫好きは文京区へ引っ越す!?

これはもう猫デザインのナンバープレートが欲しい猫好きさんは、文京区に引っ越すしかないかもしれませんね。住民票や車庫だけを一時的に移動させてナンバーを取得するという方法は、違法になりかねませんのでご注意ください。

ナンバープレートをデコレーション

猫デザインのナンバープレートが欲しいがために、文京区へ引っ越すという方法は、ほとんどの人の場合において難しいかと思います。もちろん私もその一人です。

そんな人への打開策として、ナンバープレートを自分なりにデコレーションするというのは、いかがでしょうか。そのためのステッカーなどが販売されているので、ネットやカー用品店を覗いて自分好みのものを探してみてください。

明邦 ねこの ナンバーボルトキャップ クロ ME215

ぷにぷに肉球で可愛くデコレーション♪ピンクとブラックが可愛いねこの肉球型のナンバーボトルキャップです。同じシリーズで揃えるとステキです。運転がもっと楽しくなっちゃう♪プレゼントにもおすすめです。

Amazonで購入する

肉球 エンブレム ステッカー シルバー ME173

キラリと輝くメタリック仕様の肉球ステッカーです。車のボディやパソコンなど好きなところに貼って楽しめます♪並べて貼ると…まるで猫が歩いた足跡みたいにキュート♡

Amazonで購入する

人気のねこ

ねこワード