猫の4コマ写真『”あ、どうもこんにちは”的な猫同士の挨拶』

猫同士が鼻と鼻をくっつけ合っている姿を目にしたことはありませんか?

もしくは、猫に鼻をくっつけられた経験はありませんか?

この行動、猫飼いさんでは経験している方も多いのではないかと思います。

猫が鼻をくっつけてくる行為は、どうやら一種の挨拶のようなのです。

猫の4コマ写真『あ、どうもこんにちは的な猫同士の挨拶』

20160323_01

 

猫が鼻をくっつける(鼻キス)の意味とは?

猫同士が鼻をくっつけ合うこともあれば、猫が人間に鼻をくっつけてくることもあります。

この鼻キスにはどんな意味があるのでしょうか?

①挨拶

猫同士の鼻キスは、見ていると分かりますが、明らかにお互いのにおいを嗅ぎ合っています。これは、相手のにおいを確認して仲間かどうか認識し合っているそうです。私たち人間は相手が知り合いかどうか、まず目で見て確認します。においで選別する人はなかなか少ないと思います。しかし、猫は目が悪いといわれていますので、優れている嗅覚で相手を認識しているのです。鼻キスは、人間でいうところの目礼あたりなのかもしれません。

②情報収集

挨拶と若干重なる部分もありますが、嗅覚が発達している猫は、相手をにおいで判別します。さらに、口の周りのにおいを嗅いで、相手がどこに行ってきたか、何に触れたか、何を食べたか、などありとあらゆる情報を収集しているようです。

③コミュニケーション・愛情表現

猫が人間に鼻キスをしてくる行為は、一種の愛情表現や、何か要望を伝えたいという意味もあるそうです。

うちの猫も、よく何かを訴えるような眼差しで顔を近づけてきます。最初は不思議に思っていましたが、事ある毎にこの行動をするので、猫界のコミュニケーションの一種なのだろうと思い、私も彼女に顔を近づけていました。そうすると、満足した表情で去って行かれるので、私も安心して他の業務に取り掛かることができるのです。

猫は目が悪いので、鼻をくっつける行為をよく見かけるかもしれません。猫の習性でもありますし、猫を安心させるためにも、それに応えることは個人的には悪いことではないと思います。ただ、過度なスキンシップは危険です。「人獣共通感染症」、別名「動物由来感染症」と言って、身近なペットから人間へうつる感染症がいくつもあり、感染する人が増えてもいるそうです。

と言っても、猫は過剰な愛情表現を求めてくることはあまりありませんし、それを好む猫も少ないと思います。私たちが気をつければいくらでも防ぐことができるので、それを念頭に置きながら、存分にコミュニケーションをはかりましょう^^

 

人気のねこ

ねこワード