【猫カフェ☆レポ】熊本の猫カフェ『かごにゃん 新市街店』に行ってきました!

熊本で最も長く営業している猫カフェ・キャットシェルター「かごにゃん 新市街店」にお邪魔してきました。

「かごにゃん」は、猫カフェとしてだけではなく、キャットシェルターや保護猫カフェとしての取り組みにも尽力しています。

今回は、そんな「かごにゃん」での猫カフェ体験をレポートさせていただきます。

20160917_18

熊本の猫カフェ「かごにゃん 新市街店」へ

猫カフェ・キャットシェルター「かごにゃん 新市街店」は、その名の通り、熊本市の中心部の街中にあります。

下通りからABCマートの路地に入っていったすぐ先に、お目当てのビルを見つけることができました。

20160917_11

目印はこの看板です。うるうる瞳のかわいいにゃんこが出迎えてくれます。

猫カフェ「かごにゃん 新市街店」の店内へ

20160917_16

「かごにゃん 新市街店」の店舗があるグリーンライトビルのエレベータを上がり、ドキドキワクワクしながら3階に到着すると、そこには素敵な空間が広がっていました。

20160917_12

過ごしやすそうな適度な広さとアットホームで落ち着いた雰囲気に、初来店ながら思わずほっこり。

夕方の18時頃にお邪魔したせいか店内は空いていて、到着して早々に猫さんがわらわらと近寄って来てくれたので、私の頬は緩みっぱなしでした。

猫カフェ「かごにゃん 新市街店」の料金メニュー

「かごにゃん 新市街店」の料金メニューは以下の通りです。

基本料金

 入店料(時間制)+飲食代

・入店料
 30分:\400、延長10分毎:\100
 (この入店料は猫の保護や治療費の為に使われます。)

パック料金もあるので、猫カフェでゆっくり過ごしたい方は、お得なパックがおすすめです。

パック料金

・2時間パック:1,500円~ (2時間+1ドリンク)

フードパック

 お好きなフード(ピザ、パスタ、ピラフなど)&セットドリンク&チャージ
 
・60分チャージ・・・1,600円
・90分チャージ・・・1,800円

スイーツパック

 お好きなスイーツ(ケーキやアイスなど)&セットドリンク&チャージ

・60分チャージ・・・1,400円
・90分チャージ・・・1,600円

ドリンクやフードなどの詳しいメニュー内容は、かごにゃんのホームページをご覧ください。

♪にゃんこのおやつ♪

 1袋 100円

20160917_15

猫カフェ「かごにゃん 新市街店」の猫スタッフ紹介

「かごにゃん 新市街店」の猫スタッフは総勢24匹でした(2016年9月現在)。

ホームページなどで事前に猫スタッフを調べるもよし、または「かごにゃん」の店内には、猫スタッフの一覧ボードが飾られてあるので、それを確認するもよしです。

そしてせっかくなので、名前を覚えて呼びかけてあげましょう♪

「かごにゃん」には、レギュラーメンバーの猫さんと、里親さん募集メンバーという猫さんがいます。

レギュラーメンバーの猫さんは、譲渡の対象になっていない猫さんで、おもに猫カフェにずっと居るメンバーです。

里親さん募集メンバーは、保護猫や迷子猫を引き取り、里親募集をしているメンバーです。こちらのメンバーは入れ替わりの可能性がありますので、ご注意ください。

20160917_13

ご覧の通り、レギュラーメンバーは、左上の四角で囲まれている、みみちゃん1匹のみ。

「かごにゃん 新市街店」では、猫スタッフのほとんどが譲渡対象の猫さんでした。

これは、キャットシェルターや保護猫カフェとしての活動に重きを置いているためかもしれません。

レギュラーメンバー
20160917_1420160917_17
みみ (おんなのこ)
とっても甘えん坊でおやつ大好き。おやつのためならどこまででも…!
実は、かわいいメス猫があまり好きじゃない(笑)

レギュラーメンバーがみみちゃんのみ、というのは少し驚きもしましたが、猫カフェ店内にいる猫さんで気に入った子ができた場合には、ほとんどの場合で譲り受けることができるのだと思うと、なんとも分かりやすい構成なのかもしれません。

猫カフェ「かごにゃん 新市街店」の猫さんと遊ぼう

1.猫さんとおもちゃで遊ぶ

オモチャを使って猫と遊ぶのが大の下手くそな私は、この機会にお店のオーナーさんにレクチャーしていただきました。

20160917_19
猫じゃらし待機の子猫たち

その時の動画がこちらです↓↓↓

猫カフェ「かごにゃん」のオーナーさん直伝【猫のじゃらし方】

みなさん、知っていましたか?猫じゃらしって、あんまり動かすと良くないらしいのです。

私は今まで散々わちゃわちゃさせていたので、わが家のにゃんこは食いついてくれないはずだなぁ…と反省しました。

猫の食いつきにも個体差はあるかもしれませんが、試してみる価値アリです。

2.猫さんにおやつをあげる

猫用のおやつが100円で販売されているので、猫さんともっとふれあいたい!という方におすすめです。この日は積極的な子猫ちゃん達から迫られました。

20160917_20

3.猫さんの写真を撮る

「かごにゃん 新市街店」の猫さん達は、元気で活発な猫さんがたくさん♪猫さんと遊びながら、シャッターチャンスを狙いましょう!

20160917_22
じゃらされ中の猫さん
20160917_23
おごそかな寝姿の猫さん

猫カフェについて☆気になる質問10

猫カフェを利用するにあたって、みなさんがよく質問されている内容や、私が気になったことを「かごにゃん 新市街店」さんに尋ねてみました。

1.予約はした方がいいの?

予約は特に受け付けておりませんので、お好きな時間にお越しください。
混み具合が気になる場合は、来店前にご連絡いただければスムーズに入店していただけるかと思います。

2.男性一人でも大丈夫?

もちろん大歓迎です。
男性の方も意外と多く、「女性:男性=6:4」の割合でいらっしゃっています。

3.猫を抱っこ出来る?

猫が嫌がる素振りがなければ可能です。
その際、無理やりの抱っこや、寝ている子を起こすなどの行為はご遠慮ください。また、猫を抱っこしたまま立ち上がったり歩いたりしている時に、猫が誤って落ちてしまい、足などを怪我することなども考えられますので、抱っこは座った状態でお願いします。

4.写真や動画の撮影はOK?

猫スタッフの撮影はご自由にどうぞ。ですが、猫の目に悪いのでフラッシュ撮影は禁止とさせていただきます。また、他のお客様が映らないようにお願いいたします。

5.撮影した写真や動画をホームページやブログなどに載せても大丈夫?

撮影した写真は、ご自由にお使い下さい。

6.貸し切りは可能?

今までに貸し切りはおこなったことがありません。ご希望の場合はご相談ください。

7.子どもは入店出来る?

年齢制限などは特に設けておりません。
「かごにゃん」は譲渡対象の猫がいる保護猫カフェです。猫とお子さんとの触れ合いも大切だと考えています。

8.車椅子で入店出来る?

スリッパ入店の猫カフェですので、車椅子を降りてからの入店となります。
また、猫が走り回ったりしますので、事故防止の観点や衛生面からも車椅子のままでの入店はご遠慮いただいております。

9.アレルギーでも大丈夫?

猫を飼いたいけど、アレルギーがあって飼えないという方がいらっしゃっています。ですが、「かごにゃん」ではアレルギーの症状が出にくいという方が多いようです。
気になる方には、マスクを準備しています。出入り口に常備していますので、ご入り用の方はご利用ください。

10.おすすめの時間帯は?

猫カフェの混み具合はいつもバラバラで、空いている時間帯などは何とも言えませんが、オープン直後の12時~13時は猫たちが元気なので、たくさん遊びたいという方には、おすすめです。

柴咲コウさんも「かごにゃん 新市街店」に来ていた!?

女優の柴咲コウさんのInstagramにたびたび登場するこちらの美猫ちゃん。実は「かごにゃん 新市街店」出身の猫ちゃんだって知っていましたか?

熊本の猫カフェ・キャットシェルター「かごにゃん 新市街店」に、女優の柴咲コウさんがお忍びで来ていたとの噂を聞きつけ、実際に猫カフェにお邪魔してみると、すぐにこちらの写真を発見しました。

20160917_24

「かごにゃん 新市街店」に行かれる方のお楽しみがなくなってしまうので、ちょっとぼかしをかけておりますが、メガネの女性が柴咲コウさんで、腕に抱いているのが、当時「かごにゃん 新市街店」から柴咲コウさんに譲渡したという白猫のクリームちゃん。

――それは、5年前の2011年のことです。

丁度ライブツアーで熊本に来ていた柴咲コウさんが「かごにゃん 新市街店」を訪れたのがはじまりでした。忙しいはずの柴咲コウさんが二日連続で「かごにゃん 新市街店」に足を運ばれたそうです。

当時の様子をオーナーの西嶋さんは「かごにゃん」のブログでこのように語っていました。

なぜ柴咲コウさんがかごにゃんに来たのか?

自分は、クリーム自身が呼んだのだと思っています。

なぜなら?

普段、元気のいいクリームが柴咲コウさんが来られたときテクテク歩いていき、ずっと離れなかった。

しかも、二日連続でそんな事が続いた。

その後、かごにゃんでは譲渡が次々決まっていったのにクリームは急に体調を崩し譲渡対象から離れてた。

やっと治ってきて、さー本格的に新しい家族探すか~とHPに載せた時に柴咲コウさんから引き取りたいと電話がありました。しかもHPに載せたことは知らなかった。

これは偶然でしょうか??

しかも実はクリームの誕生日(推定ですが)と柴咲コウさんの誕生日が一緒だったという。

でも、こういう運命的な出会いって実は多い気がします。

そして、その運命的な出会いをサポートするのが、一度限りのペットショップやブリーダーではなくかごにゃんの役目だと思っています。

「貴方が朝起きたらやるべきこと. 毎朝必ず私を抱っこしてよね. 」

柴咲コウ Ko Shibasakiさん(@ko_shibasaki)が投稿した写真 –

名前は、柴咲コウさんに譲渡された後に、当初のクリームちゃんからノエルちゃんになったそうです。

20160917_25

店内に飾られている柴咲コウさんの写真の隣には、直筆のサインと「かごにゃん 新市街店」へのメッセージが添えられていました。

さいごに

2016年で8年目に突入した猫カフェ・キャットシェルター「かごにゃん 新市街店」のオーナー西嶋さんに、猫カフェオープンのきっかけなどについて、話を聞かせていただきました。

交通事故で亡くなる猫を助けたくて

熊本は野良猫が多く、西嶋さんの自宅周辺も常に野良猫がいるような地域だったそうです。

そこで度々目にするのは、車の下敷きになって無残な死を遂げた猫の姿。昔から猫が好きだった西嶋さんは、やるせない気持ちだったといいます。

そんな状況をどうにかしたいと考えた先が猫カフェ・キャットシェルター「かごにゃん」でした。

20160917_27

 

地域猫の取り組みの大切さ

地域猫とは、野良猫が住みつく地域の住民やボランティア等によって、共同管理されている野良猫のことをいいます。

猫を去勢・避妊させてまた元の場所に戻すという取り組みなどにより、野良猫の数の抑制だけではなく、庭に糞やおしっこをする、鳴き声がうるさい等、猫が起こすさまざまな問題の改善に繋がります。

”殺処分0”がすべてなのではなく、野良猫の問題を地域ぐるみで考えていく地域猫としての取り組みも重要なのだと話されていました。

20160917_28

 

保護猫の活動

猫カフェ・キャットシェルター「かごにゃん」の猫たちはどこからやってくるのか?

それは、怪我や病気でキケンな状態の猫を保護したというお客さんから猫カフェに持ち込まれたり、オーナーの西嶋さん自ら負傷した猫を保護しに行ったり、そんな経路でやって来る猫がほとんどだそうです。

20160917_21

地域猫の活動が進まない限り、こうした猫は後を絶ちません。

それでも、小さな命を救いたい。
そして、そんな猫と人とを結ぶ場所でありたい。

そういった思いで活動を続けているのだと、お話をお伺いして感じました。

20160917_26

「かごにゃん」という店名は、『”猫”を保護する”ゆりかご”でありたい』という想いから名付けられているそうです。

この店名にオーナーさんの真摯な想いが詰まっているような気がします。
 

かごにゃん 新市街店

[保護猫カフェ]
営業時間:12:00~
定 休 日:なし
熊本県熊本市中央区新市街6-2 グリーンライトビル3F【熊本市電上熊本線 辛島町駅 徒歩5分】
Tel:096-221-4000(12時以降)
ホームページ:熊本の猫カフェ キャットシェルターかごにゃん
ブログ:熊本の猫カフェ キャットシェルターかごにゃん

その他の熊本の猫カフェはこちらから⇒【熊本の猫カフェ・保護猫カフェ一覧】

人気のねこ

ねこワード