ジャガー キャットフードの口コミ評判や安全性・お得な購入方法

ジャガー キャットフード

数あるプレミアムキャットフードの中でも、上質な材料を贅沢に使用したのがジャガーのキャットフードです。

私たち人間が、日々の生活の中で当たり前のように食べ物に気を遣い、健やかな食生活を送っているように、パートナーである愛猫とも上質で豊かなライフスタイルを分かち合いたい。

ジャガーのキャットフードは、そんな想いのもとに誕生したプレミアムなキャットフードです。

その品質が確かなものであるのか、今回はジャガーのキャットフードについて、原材料と成分を徹底的に見ていきます。

そして、気になる実際の評判や口コミ、さらにはジャガーを安く購入する方法なども調べてみました。

ジャガーキャットフードの評判と口コミ

ジャガーキャットフードに対しての「良い・まぁまぁ・良くない」それぞれの評判と口コミを調べてみました。

獣医さんのお墨付き

★★★★★
真菌症のかかっている愛猫の免疫力をあげるために購入しました。
すると、病気が完治しただけではなく、便秘まで解消され、健康的な便が毎日出ています。
同居猫のひどかった目ヤニもかなり軽減しました。
ただ、公式サイトから購入した時についてきた『ブランドガイド』と書かれている小冊子に原材料だけでなく、成分分析値もしっかりと掲載されていたのですが、それによるマグネシウムの数値がちょっと高めなのが気になったので、かかりつけの獣医さんに聞いてみました。
すると、マグネシウムは数値だけでなく、リンとの兼ね合いが大切で、リンとのバランスは良いので、心配はいりませんと答えていただけました。
その時に原材料も見てもらい「よく考えられていますね」とお墨付きをいただけたので、安心して与えることが出来ています。

すぐ食べてくれました

★★★★☆
男の子と女の子の猫を飼っているのですが、どちらもすぐにパクパク食べてくれました
女の子の方は、嫌いなフードは絶対食べないので驚きました!
前のキャットフードで男の子が下痢をしちゃったので、改善してほしいと思って今回購入しましたが、まだ効果は分からないので星4つです。

可もなく不可もなく

★★★☆☆
食欲がなく痩せ気味の愛猫のために購入しました。
しかし、二ヶ月食べさせていますが、食欲に変化もなく体重もそのままです。
野良猫に与えるとグイグイ食べるので、うちの猫の口に合わなかったのかなと思っています。

 

ジャガーキャットフードの原材料

ジャガーキャットフード 原材料
”骨抜きチキン生肉・鴨生肉、乾燥チキン・乾燥鴨肉、生サーモン・生マス、じゃがいも、卵、サツマイモ、豆、チキンレバー、鶏脂、チキングレイビー、アルファアルファ、豆食物繊維、サーモンオイル、ミネラル、ビタミン、クランベリー、マルベリー、ブルーベリー、りんご、トマト、オレンジ、梨、にんじん、ほうれん草、カリフラワー、マリーゴールド、海藻、朝鮮人参、緑茶、生姜、プロバイオティックス”

キャットフード選びで重要なのは、原材料に記載されているトップ表示を確認することです。

その製品に含まれている割合が多ければ多いほど、原材料のトップに表示されます。

ジャガーのキャットフードは、骨抜きチキン生肉・鴨生肉に続き、乾燥チキン・乾燥鴨肉生サーモン・生マス、どれをとっても肉食の猫の生態を考えた原材料で作られています。
 

ジャガーキャットフードの成分

ジャガーキャットフード成分値
粗タンパク質 40.00%
粗脂質 20.00%
炭水化物 21.00%
粗灰分 9.00%
粗繊維 3.00%
水分 7.00%
オメガ6脂肪酸 3.00%
オメガ3脂肪酸 1.40%
マグネシウム 0.12%
エネルギー(100gあたり) 約384kcal

 

炭水化物は表示がないので、計算によって算出しています。次の計算式によって、おおよその数値を求めることができます。

100-(タンパク質+脂質+繊維+灰分+水分)=炭水化物の含有量(%)

ジャガーキャットフードのホームページなどでは公開されていないのですが、個人的に気になった「マグネシウム」についても問い合わせてみました。

マグネシウムの割合が0.1%を切るキャットフードがある中、マグネシウム0.12%は少し高い気もしましたが、尿路結石(FLUTD)の予防に効果があるとされているクランベリー、ブルーベリーが配合されているので、その分はきちんと考慮されているようです。
 

原材料や成分値については、ジャガーの公式サイトでも公開されています。

 

ジャガーキャットフードの7つのこだわり

ジャガーキャットフードのこだわり

1.ヒューマングレードの素材を厳選

キャットフードの素材には、人間が食べることができないような廃棄する予定の粗悪な材料が使われることがあります。

そのようなキャットフードは猫の体に良いわけがなく、長く食べ続けることによって、病気へのリスクも高くなるとも考えられます。

ヒューマングレードとは、そういった粗悪な原材料をいっさい使わず、人間が食べることができる品質と新鮮な食材にこだわって作られているキャットフードのことをいいます。

ジャガーのキャットフードは、大切な愛猫の毎日の食事としてふさわしい新鮮な食材にこだわって作られています。

 

2.動物性タンパク質80%以上

ジャガーのキャットフードは、チキン、鴨肉、サーモン、マスなどが主原料となっています。

これらを総合すると、なんと動物性タンパク質の割合は80%以上になるそうです。

穀物を主原料として作られているキャットフードもある中、これは本当に驚きの数値で、他のプレミアムキャットフードと比べても、20~30%高くなっています。

ジャガーのキャットフードは、プレミアムキャットフードの中でも、より高品質でリッチなフードだというのが特徴です。
 

3.安心のグレインフリー(穀物不使用)

ジャガーは、穀物アレルギーの猫ちゃんにも安心のグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードです。

穀物アレルギーがなくても、本来、肉食である猫は、穀物の消化が苦手とされています。

消化器官自体が、穀物の消化に適しておらず、穀物を摂取すると、体に負担をかけてしまうそうです。

猫は、基本的に総合栄養食であるキャットフードのみを食べて生きていきます。

毎日の食事で愛猫の体に負担をかけることになりかねないとなると、穀物を使用しているキャットフードは出来るだけ避けてあげたいものです。
 

4.食後の急激な血糖値の上昇を抑える

ジャガー キャットフード 食後の血糖値

興奮して落ち着きがなかったり、部屋中を動き回ったり、飼い主さんを悩ませる愛猫の問題行動の多くは、食後の急激な血糖値の上昇が要因の一つだそうです。

ジャガーのキャットフードは、血糖値の上昇を穏やかにするレシピを取り入れ、食事後も血糖値がほとんど変わらず、愛猫がいつでもリラックスした状態で過ごせるように考えられています。
 

5.尿路結石(FLUTD)の予防にも

猫がなりやすいといわれている病気の中に、尿路結石(FLUTD)というものがあります。

猫は砂漠出身の生き物なので、基本的に水を積極的に摂りません。

そのため、水分不足になり、尿路結石症が起こりやすくなるのです。

ジャガーのキャットフードは、尿路結石予防の効果が期待できるクランベリーや、抗酸化作用が高いブルーベリーが配合されていて、尿路結石にも配慮されています。
 

6.人工添加物不使用だから安心

ジャガーのキャットフードは、自然のもので代用できる限りは、健康的ではない人工添加物は不要であると考えています。

保存料は自然由来のミックストコフェロールを使用。鮮度と美味しさに自信があるため人工調味料は不要であり、飼い主さんの気を引くための着色料も不要であると考えています。
 

7.特殊ジッパーで酸化を防ぐ

ジャガーのキャットフードには、パッケージにもこだわりがあります。

通常のジッパーでは損なわれてしまう風味までをもしっかり閉じ込めるために、マジックテープが二重構造になっています。

キャットフードの酸化を抑えるのはもちろん、猫にとって大事な風味の劣化もしっかりと抑え、開けたての香りが長持ちします。

ジャガー キャットフード ジッパー
 

ジャガーキャットフードの危険度は?

ジャガーキャットフードの危険性について調べてみました。下記は、猫の体に悪いとされる原材料の一覧です。

食用にならないくず肉などの4Dミート。猫の体に負担がかかるトウモロコシや麦類などの穀物

中でも怖いのが合成保存料です。発がん性があるとされているBHAやBHT。特にエトキシキンは、食品添加物としては認められていない毒性の強い添加物です。

4Dミート(肉副産物) トウモロコシ(穀物) 麦類(穀物)
なし なし なし
BHA(合成保存料) BHT(合成保存料) エトキシキン(合成保存料)
なし なし なし
合成着色料 人工香料 人工調味料
なし なし なし
遺伝子組み換え原材料 成長ホルモン剤 ビートパルプ
なし なし なし
ジャガーキャットフードの危険度は「

ジャガーのキャットフードには、危険とされる上記の原材料の使用がなく、安全度の高いキャットフードと言えそうです。そのことについては、ジャガーの原材料の表示を見ると明らかです。

フードは長い年月摂取するものです。微量であっても、食べ続けることによって毒物が蓄積され、健康被害につながることも考えられます。

 

ジャガーキャットフードの価格比較

価格が安いといえば、Amazonや楽天市場などの通販サイト。

フードは一生涯 購入していくものなので、より安くお得に購入できると良いですよね。

そこで、通販大手の2社のAmazonと楽天市場、ホームセンター、ジャガー公式サイトでのジャガーの価格を比較してみたいと思います。

Amazon

都度購入1袋 5,075円
定期コース1袋 取り扱いなし
Amazonにも、ジャガーキャットフードの取り扱いはありますが、特にコース選択などはないので、単品を都度購入することになります。

 

楽天市場

すべて取り扱いなし。

現在のところでは、楽天市場でのジャガーキャットフードの取り扱いはありませんでした。

 

ホームセンターやペットショップ

店頭販売では、ジャガーキャットフードの取り扱いは見当たらないのが現状でした。

ジャガーの公式サイトに、お店では販売していないと記載されてはいたのですが、念のため近所のホームセンターなどを探してみましたが見つかりませんでした。

これは、流通にかかるコストや日数を出来る限り省き、新鮮なフードを届けたいというジャガーのこだわりなのだそうです。

また、お客様からの相談や問い合わせに素早く、正確に答えるために、届けたフードの内容を把握する管理体制を整えているそうなので、そのためにも店頭販売は難しいと考えられます。

 

ジャガー公式サイト

都度購入1袋 4,280円
都度購入2袋(2袋購入の際の1袋あたりの価格) 4,066円(5%OFF
定期コース1袋 3,852円(10%OFF
定期コース2袋(2袋購入の際の1袋あたりの価格) 3,638円(15%OFF
【最安】定期コース20,000円以上(20,000円以上購入の際の1袋あたりの価格) 3,424円(20%OFF

※価格はすべて税抜きです。

都度購入、定期コースのどちらの場合も、購入数が増えると、合計金額に応じて割引率が高くなります。

上記の表からすると、Amazonで購入する場合と比べ、ジャガー公式サイトでは、最大で1,651円安く(1袋あたり)購入できます。

2社を比較すると、ジャガーの公式サイトを直接利用した方が賢い買い物ができそうです。

↓ジャガーをより安く購入するなら↓

 

人気のねこ

ねこワード