猫はりんごを食べても大丈夫?どのくらいの量なら食べて大丈夫?

りんごを食べている時に猫が寄ってきて欲しそうに見てきたらどうしてもあげたくなりますよね!

そんな時、猫は肉食なのにりんごを食べて大丈夫なのか?りんごを食べるならどのくらいの量なら大丈夫なのか?についてまとめました。

猫はりんごを食べていいの?

Seiさん(@zn42p90)が投稿した写真

基本的に少量のりんごや果物を食べても問題はないですし、全く食べなくても問題はありません。

しかし、猫は元々肉食動物なので肉を消化するのに特化しています。

野菜を消化できない代わり、素早く獲物を狩れる運動神経を猫は持っています。

肉食動物の栄養源は、他の動物の骨や内臓を食べることです。

なので、野菜や果物などの食物繊維を消化するのは非常に苦手で、どうしても胃腸に負担をかけてしまいます。

りんごの適量の摂取は、ビタミンCやカリウムやミネラルなどが豊富に入っています。

その為、栄養価は高いので健康面にはいいのですが、あげる時は細かく刻んで少量あげてください。

りんごに含まれる食物繊維は、猫の便秘の改善になるので少量のりんごをエサに混ぜてあげるといいと思います。

少量のりんごがダメだったら比較的甘いりんごジュースを混ぜてあげてみてください。

りんごに含まれる猫が必要とする3つの栄養素

ビタミンC

猫はビタミンCを体内で合成することができます。

ビタミンCを肝臓で合成する能力は、体が大きい猫でも小さい猫でも、一日の最大値は60mgです。

なので、獣医さんはビタミンCを与える必要はないと言われています。

しかし、猫の合成能力には限界があり、体重が7kgになると合成能力の限界となります。

7kgを超えた猫ちゃんは、全くビタミンCが足りていない状況になります。

しかも、水も空気も汚染されている現代では、そのような汚染物質が食べ物や飲み物に混ざって体内に入っていきます。

体内に入ってしまったら、ビタミンCが奪われていきますし、日常のストレスでも大量消費してしまいます。

なので、常にビタミンCが足りていない状況なのです。

そこで、りんごを少しだけでも食べてビタミンCを補ってあげましょう。

カリウム

カリウムは体を作るうえで必須の栄養素です。

カリウム足りていない時や、おしっこからカリウムがでてしまう慢性腎不全が原因で低カリウム血症になってしまいます。

低カリウム血症の症状は

・食欲がなくなる
・貧血を起こしてしまう
・いつもより元気がなくなる
・体重が減ったり増えたりする
・口臭がするようになる
・嘔吐する
・水を大量に飲むようになる

などがあります。

適量のカリウムの摂取は病気の予防になります。

しかし、過剰に摂取すると高カリウム血症になってしまうので注意しましょう。

ミネラル

・ナトリウム
・カルシウム
・亜鉛
・鉄
・マグネシウム
・ナトリウム

などのミネラルは人間同様必須な栄養素です。

カルシウムは体の骨を作り、ミネラルは体液のバランスを取り、筋肉などを作ります。

 

上記の栄養素は、適量の摂取なら健康面で役に立ちますが、りんごを大量に摂取してしまうと、猫にとって毒になってしまうので注意してくださいね。

りんごの種は危険!

cat
出典:Fabian「Apple」www.flickr.com/photos/115841243@N02/12482514143
りんごはバラ科の植物です。

他には、りんご、梨、桃、ビワなどがあります。

バラ科の特定の植物の種や葉に含まれている、青酸(シアン化水素)といわれる物質を大量に摂取すると嘔吐や痙攣を起こします。

それがひどくなると呼吸困難を起こし、最悪の場合は死に至ります。

りんごの葉にはあまりかかわらないと思いますが、種はりんごに必ず付いていて、身近なものなので十分注意してください。

庭で種に毒物がある桃や、ビワなどのバラ科の植物を育てている場合は、落ちた果物を猫がうっかり食べないように注意して見ましょう。
りんごジュースを作る時は、種が絶対入らないようにしてください。

りんごの種は小さく、誤って食べてしまうと大変なことになりますので、りんごを食べされる時は気をつけてください。

りんごを大量に食べてしまうと

りんごの実の部分にも、多少は種と同様の成分が含まれているので、少量なら大丈夫ですけど多量になると毒になってしまいます。

なので、りんごをあげすぎると下痢になり脱水症状を引きおこします。

脱水には注意して十分な水を用意してください。

大量に摂取してしまうと、胃腸に負担をかけてしまいます。

りんごをあげる時は小さくして食べやすいようにしてあげましょう。

ちなみにりんごジュースをあげても大丈夫ですよ。

猫は柑橘類が嫌い

rikuoさん(@rikuo8)が投稿した写真

猫は元々狩りをする動物です。

狩った動物を捕食してまだ肉が残っているけど、 集中して食べれない状況だったりするとその場を一旦離れます。

時間が立って様子を見て、またその肉を食べようとします。

生肉は特に腐りやすいので、その腐った肉で食中毒になるリスクや、死へのリスクを避けるために、酸っぱい臭いや腐った臭いに敏感になります。

なので猫は酸っぱい臭いや腐った臭いは毒だと思っています。

そのため柑橘類を嗅ぐと逃げ出す時があります。

なので、猫が近くにいる場合は、柑橘類の香りのする芳香剤や、柑橘類のお菓子を食べるのは控えてください。

猫が嫌がってなくても、猫のストレスにならない程度にしてくださいね。

また、逆に近づけたくない場所や危険な場所には、柑橘類の匂いをつけておくと猫は近づかなくなります。

りんごを美味しそうに食べる猫

ペロペロしてる姿はとてもカワイイですね^^
美味しい!美味しい!て言ってるのが聞こえてきそう^^

美味しそうに食べていますね^^
飼い主さんが皮の部分はあげないようにしてますね(笑)

飼い主さんの声に少し驚いていましたね^^
安心して食べていいよ(笑)
集中して食べてる姿もカワイイ!!

りんご以外の果物が好きな猫ちゃん達

猫の中では、果物が大好きな猫ちゃんがいます!

そんな果物大好きな猫ちゃんたちです^^食べ過ぎはダメだからね(笑)

美味しそうに食べてますね^^
飼い主さんがメロンを持っていこうとすると
まだ食べたい!て言ってるみたいにメロンを一生懸命食べていますね^^

一生懸命食べている姿はカワイイ^^
これからも二匹で仲良く食べてね^^

人でもテンションが上がるフルーツ盛りあわせを豪快に食べてますね^^
これがほしいて言ってるのかな?と思ったのでそのフルーツを、持ち上げてあげようとしたのに猫ちゃんは、もう次のフルーツにいってましたね^^カワイイ^^

りんごを食べる姿は可愛いけれど注意も必要

食べている姿はとてもカワイイけど、カワイイからといってあげ過ぎは禁物です!

愛猫が健康に過ごすためにりんごの量には気をつけてくださいね!

猫の健康を第一に考えましょう^^

人気のねこ

ねこワード