完全室内飼いの猫にも首輪って必要なの?首輪をつける意味と注意点

完全室内飼いの猫にも首輪って必要なのでしょうか?

猫を飼い始める時に、首輪をつけるのか・つけないのか、迷うところでもありますよね。

では、そもそも首輪をつける意味とは?

猫に首輪をつける際のメリット・デメリットや注意点など、詳しくみていきたいと思います。

猫に首輪をつけるメリット

迷子予防や対策になる

猫に首輪をつける最大のメリットは、迷子の予防や対策に繋がることです。

「完全室内飼いだから、うちの猫には首輪をつける必要はない」と思われる方もいるかもしれませんが、”もしも”の時がないとは言い切れません。

ドアを開けた隙に猫が飛び出してしまったり、知らないうちに猫がベランダの網戸を破ってしまったり、ちょっとした隙間から猫は簡単に脱走してしまいます。

猫がいったん外に出てしまうと、野良猫と見分けがつかなくなってしまいます。

そんな時に、役に立つのが首輪です。

首輪をつけていることで、野良猫ではなく飼い猫だと認識されるので、万が一、保健所などに保護されたとしても、処分されにくかったり、迷子猫として登録してもらえることもあります。

自ら猫の捜索願を出す際にも、首輪が目印になったり、首輪を手掛かりに猫が帰って来る可能性も高くなります。

そのため、首輪に名前や連絡先などを明記したり、首輪と一緒に迷子札をつけてあげることも重要です。

迷子札付き首輪

1cm幅の迷子札付きチョーカー(首輪タイプ)

こちらは犬用の首輪ではありますが、軽量なうえに、首輪の幅も細めなので、猫の首への負担も少ない首輪です。革は、揉んだり引っ張ったりすることで、馴染みが出てくるので、硬さが気になる場合は、馴染ませてからつけてあげてください。

価格:3,480 円 (税込)

Amazonで購入する

災害時にも役立つ

これは熊本に住む私自身が昨年、痛いほど感じたことですが、災害時にも首輪は必ず役に立ちます。

完全室内飼いで家の中の脱走対策も万全にしていたとしても、災害はいつ起こるか分かりません。

緊急時には、一緒に逃げられなかったり、地震のショックで猫が逃げ出してしまうことも考えられます。

首輪は、猫が迷子になってしまった時に捜索の手掛かりになったり、愛護団体に保護されていた時にも愛猫を探し出す目印になります。

迷子になっている期間に、餌が食べられなくて痩せ細ってしまい、見た目がガラリと変わってしまうことも起こり得ます。

そんな時、首輪や首輪に記載されている名前や住所が目印になるのです。

また、幸い避難所で同行避難が出来た場合も猫の首輪と迷子札は、管理のうえで必ず必要になってきますので、しっかり備えておきましょう。

その際には、リードやハーネスがあるとより安心です。

ペティオ P Anycatハーネスシンプル S オレンジ

ペティオ P Anycatハーネスシンプル S オレンジ

外れにくいソフトキャットハーネスで、引きひも付きです。シンプルなグレーもあります。

価格:1,633 円 (税込)

pekaで購入する

マイクロチップよりも手軽

猫やその飼い主の情報をデータとして登録することができるマイクロチップというものがありますが、日本ではまだ広く普及していないのが現状です。

その理由は、マイクロチップを入れるには費用がかかってしまったり、猫の体に器具を入れることで事故やその後の生活への悪影響が危惧されたり、そもそも飼い主が愛猫に器具を入れるという行為を受け入れられなかったり、といったところにあるようです。

ちなみに、マイクロチップは、埋め込み費用と登録料などを合わせて、7,000円前後の費用が必要です。

また、マイクロチップに登録されているデータを読み取るためには、病院や保健所などに置いてある専用の機械が必要となります。

マイクロチップを入れていても、読み取る機械がなければ情報を確認することが出来ないので、マイクロチップを入れている猫ちゃんも、飼い猫だと一目で分かり、飼い主の連絡先などもすぐに確認出来る首輪も併用してあげた方が良いかもしれません。

愛猫がオシャレになる

これは、ほぼ飼い主の自己満足ですが、首輪をつけると愛猫がオシャレで可愛くなるのは間違いありません。

親子の猫や、柄が似ている猫を飼っている場合には、すぐに見分けがつくという利点もあります。

シェイク Shake 和柄 リボン【猫用首輪】

シェイク Shake 和柄 リボン【猫用首輪】

安全性のあるバックルが付いている和柄の猫用首輪です。大きめのリボンがとってもキュート♡

価格:1,836 円 (税込)

pekaで購入する

ただ、首輪を選ぶ時は、可愛さばかりに気を取られず、機能性にもしっかりと着目する必要があります。

なぜなら、事項のデメリットにも繋がりますが、首輪自体が重大な事故の原因にもなりかねないからです。

猫に首輪をつけるデメリット

猫のストレスになる

慣れるまでは、首輪をつけることがストレスに感じる猫もいます。

中には、最初からすんなりつけさせてくれる猫もいますが、多くの場合で違和感を感じたり、嫌がる素振りをみせると思います。

そんな時は、「迷子対策のため」と、あまり無理強いはせずに、猫ちゃんの様子を見ながら、慣らしてあげてください。

首輪による事故のキケン

猫は好奇心旺盛で、狭い場所や高いところが大好きです。

そのため、ひょんなことから首輪がどこかに引っかかってしまう、なんてことも起こり得ます。

首輪が引っかかったまま宙ぶらりんの状態になっていまい(首つり)、さいあくの場合、窒息死してしまうという事故が実際に起きています。

また、その他にも、猫が首輪を無理やり取ろうとしてずれてしまい、首輪がアゴに引っかかってしまったり(猿ぐつわ)、逆に体の方に首輪がずれてしまって斜めがけの状態になってしまったり(たすき掛け)、という事故も報告されているので、首輪をつける際は、注意が必要です。

首輪ハゲになる

猫ちゃんの中には、首輪が原因でハゲが出来てしまう子がいます。

原因としては、首輪による擦れやストレス、長年の使用で雑菌が繁殖してしまうことなどが挙げられます。

首輪ハゲにならないように事前に予防をしたり、なってしまった場合には、改善できるように対策を講じる必要があります。

詳しくは、事項の注意点の項目で触れていきます。

猫に首輪をつける時の注意点

セーフティの首輪を選ぶ

デメリットの部分で触れたような事故が起きないように配慮されて作られている首輪があります。

それがセーフティ首輪です。

セーフティ首輪には、バックルが取り付けられており、ある程度の負荷が加わるとはずれる仕組みになっているので、首輪が何かに引っかかってしまった時にも安心です。

現在では、セーフティに対応している首輪が多く市販されているので、首輪を選ぶ際は、セーフティのものを選ぶようにしましょう。

シェイク Shake ポップチェック【猫用首輪】

シェイク Shake ポップチェック【猫用首輪】

負荷が加わると取れやすい安全なバックルを使用したセーフティ首輪です。シンプルだけど、カジュアルなチェック柄がオシャレ♪

価格:1,404 円 (税込)

pekaで購入する

キツすぎず、緩すぎず

首輪が何かに引っかかってしまう事故は、首輪が緩すぎることが原因で起きてしまうことがほとんどです。

猫はふわふわの毛に覆われているので、実際より大きく見えがちですが、入浴時にいきなり痩せ細ってしまったかのように見えたりするなど、私たちが思っているよりも、華奢な体付きをしています。

かと言って、首輪をギュウギュウにキツくしてしまっては、猫も嫌がりますし、ストレスになりかねません。

首輪のゆるさは、人の指が2本入る程度のスペースを確保してあげるようにしましょう。

そして、猫の成長の都度、首輪のサイズが適切であるかどうかの確認も定期的におこなうようにしてあげてください。体重の増減があった場合も同じです。

迷子札も一緒に

首輪に、名前や連絡先を描き込むスペースや、迷子札が付いていない場合は、別に準備して取り付けるようにしましょう。

愛猫が迷子になった時、首輪も目印の一つになりますが、それだけでは不十分です。

迷子札に飼い主の名前や連絡先などを記載することで、それを手掛かりに愛猫が戻ってくる可能性も高まります。

”もしも”の時に備えて、飼い主として出来得る限りの準備を心がけましょう。

オリジナル迷子札

愛猫用のオリジナル迷子札 オーダーメイドのサークルミニ

ベストセラーの迷子札です。好きなフォントとデザインを選んでオーダーの迷子札が作れます。表面には愛猫の名前を、裏面には飼い主の名前と連絡先などを入れることが出来ます。

価格: 1,080円 (税込)

Amazonで購入する

首輪ハゲ対策

市販されている首輪の中には、強度を重視したものがあります。

これは、主に犬用だったり、犬用に作られていたものを猫用としても販売していると考えられます。

犬用であれば散歩などを考慮して、ある程度の強度が必要ですし、犬は猫に比べて毛質が硬い子が多いので、強度重視の首輪が適している場合もあるかもしれません。

しかし、猫っ毛という言葉があるように、猫の体は柔らかい被毛で覆われています。

散歩に行くこともほとんどない猫にとって、首輪の強度はそれほど重要ではありません。

被毛がデリケートな猫には、柔らかくて優しい素材で作られている首輪を選ぶようにしてあげてください。

そして、首輪を定期的に洗濯したり、古くなったものは買い替えたりするなどして、首輪自体を清潔に保つことも重要です。

また、長毛の猫ちゃんは首輪付近に毛玉が出来やすいので、ブラッシングの際に注意して見てあげるようにしてあげてください。

猫に首輪をつけるコツ

無理してつけない

最初は、ほとんどの猫が首輪に何らかの違和感を感じると思います。

中でも、首輪を引っかいて外そうとしたり、頭をブルブルと振るような素振りを見せた場合は、あまり長時間はつけずに、30分以内で外すようにしてあげてください。

時間を置いて再度試してみたり、間隔をあけて、様子を見ながらつけたりはずしたりを繰り返して、徐々に慣らしていきます。

違和感をより少なくするために、首輪を実際につける前に、首輪に猫ちゃん自身や飼い主さんの匂いをつけておくのも、効果があるかもしれません。

子猫のうちから習慣付ける

大きくなった猫や野良猫だった猫は、首輪に慣れていないことから、首輪を嫌がる傾向にあります。

中には、首輪をまったくつけてくれず、苦労している飼い主さんもいるようです。

子猫のうちから首輪に慣れさせて習慣付けておくと、その後大きくなってから首輪を嫌がるということもないので、早い段階で首輪をつけ始めるのがおすすめです。

子猫はまだ行動範囲が狭く、成猫のような巧妙さもないので、脱走する可能性は低いです。

はじめての首輪は、チャームなどは出来るだけ控えて、軽量で子猫に負担のかからないようなものが良いと思います。

ターキー ねこモテ ミニストライプ柄猫首輪子猫 ピンク
ターキー ねこモテ ミニストライプ柄猫首輪子猫 ピンク

セーフティ機能付きの子猫用のソフトな首輪です。柔らかい素材なので、練習用にピッタリ♪

価格:648 円 (税込)

Amazonで購入する

代用品からスタートする

首輪をつける前に、リボンや紐などの代用品からスタートするというのも手です。

首輪を嫌がる猫でも、リボンなどを首周りにつけてもあまり気にしないという子もいるようです。

ただ、間違っても、遊んだ直後などの興奮状態の時に試すのは避けてくださいね。

寝る前のウトウトしている時は、ちょっと可哀相なので、寝起きなどでボーっとしている時などに、さり気なく試してみてください。

いつの間にか、首輪自体も平気になっているかもしれませんよ。

鈴付きの首輪について

鈴付きの首輪は、鈴の音が猫ちゃんのストレスになると言われている反面、所在不明になりがちな猫ちゃんを探す時の役に立つなど、賛否両論あります。

これに関しては、ひと言で良い・悪いとは言えないので、飼い主さんの判断に委ねたいと思いますが、もし首輪で何らかのストレスを感じているような猫ちゃんがいるのであれば、首輪をやめてしまう前に、鈴をはずしてみてほしいと思います。

犬の耳は人間の2倍以上、猫の耳はさらに犬の2倍以上の高音を感じ取ることが出来ると言われています。

そんな猫の耳の近くで、常に鈴がチリンチリン鳴っているとしたら、やはりストレスになってしまうのではないかと考えられますよね。

個体差があるので、気にならない子や鈴に慣れている子もいるかもしれないので、猫ちゃんの様子をしっかり観察して、判断してあげてほしいと思います。

まとめ

猫に首輪をつける最大の意味は、何と言っても脱走や災害時に迷子になってしまった時の手掛かりになるということだと思います。

猫に首輪をつけるメリット
1.脱走や災害時に迷子になってしまった時に帰って来る可能性が高くなる

2.首輪をつけていることで野良猫ではなく飼い猫だと認識されやすくなる

3.マイクロチップよりも手軽に着用でき、飼い主などの情報が一目で分かる

4.愛猫の可愛さがアップしたり、多頭飼いしている場合も一目で識別できる

しかし、その反面、首輪をつけることに対してデメリットがあるのも事実です。

猫に首輪をつけるデメリット
1.猫にとっては、首輪がストレスになることもある

2.首輪が原因で「首つり」「猿ぐつわ」「たすき掛け」などの事故が起きるキケンがある

メリット・デメリットを念頭に置いたうえで、愛猫に首輪をつけるのか・つけないのか、飼い主さん自身が決めなければなりません。
 

猫に首輪をつける時の注意点

首輪をつけると決めた際には、次の注意点に気をつけましょう。

1.すぐに外れるセーフティ(安全バックル)の首輪を選ぶ

2.キツすぎず、緩すぎず、指が2本入るスペースを確保する

3.首輪に飼い主の名前と連絡先を明記する、又は迷子札をつける

4.首輪ハゲ対策として、柔らかい素材の首輪を選び、首輪は常に清潔に保つようにする

 

猫に首輪をつけるコツ

猫に首輪をつけたくても、猫が嫌がってしまって苦労しているという方は、首輪をつけるコツを試してみてくださいね。

1.最初は無理強いしないで徐々に慣らしていく

2.子猫のうちから首輪をつける習慣をつけておく

3.リボンや紐などの代用品からスタートして様子をみる

4.必要がなければ、鈴はつけない方が猫への負担が少ない

 

災害に備えるための首輪

実際に大きな地震を経験した者としては、首輪と迷子札はつけた方が良いと考えています。

それどころか、猫にもリードとハーネスに慣れさせておく必要があると痛感しました。

偶然にも私は、地震の数ヶ月前に、とある猫ブロガーさんのブログを見て、リードとハーネスの必要性を感じてどちらも準備出来ていました。

避難などでやむを得ない状況だとしても、完全室内飼いの猫を外に出すというのは、大きな不安を伴うものです。

そんな時に、リードとハーネスが安心材料になってくれたのは言うまでもありません。

自然災害では、住んでいる場所や環境が脅かされることを完全に予防することは出来ないのかもしれません。

だからこそ、大切な命を守る方法については、常に考えて備えておきたいと思うのです。

人気のねこ

ねこワード