災害時に備えて…抱っこするように行動できる注目のキャットキャリーバッグ

猫飼いにとって必須アイテムのひとつでもあるキャリーバッグ。

病院に行く時はもちろん、災害が起こった際の避難時にも欠かせないアイテムですよね。

キャリーバッグといえば、メッシュがかったプラスチック製のケージを思い浮かべる人も多いのではないかと思いますが、今回ご紹介したいのは、一見 普通のバッグのように見える布製のキャリーバッグです。

20160928_01
出典:FELISSIMO

こだわりのキャットキャリーバッグ

20160928_02
出典:FELISSIMO

フェリシモ猫部さんから発売された「抱っこするように一緒に行動できる キャットキャリーバッグ」は、人間の赤ちゃんを抱っこする「抱っこひも」の猫バージョンを、意識して作られたそうです。そのこだわりポイントは5つ。

【5つのこだわりポイント】

1.ふだんからお部屋に置きやすい

いざという時に、キャリーバッグに入ってくれなくて困る…という悩みを抱える飼い主さんは少なくないと思います。その悩みを解消するために、ふだんからキャリーバッグを部屋に置いて、愛猫に慣れさせることができるようなデザインにこだわりました。インテリアにもなじむカラーで、ショルダーのひもを取り外してポケットに収納することもできます。

20160928_03
出典:FELISSIMO

2.ペットシーツの設置可

キャリーバッグの底にペットシーツを設置しやすいように、底しん&シーツを留めるクリップがついています。

20160928_04
出典:FELISSIMO

3.脱走を防止するメッシュの内袋

猫の飛び出しを防ぐメッシュの内袋は、つめがひっかかりにくく、猫が落ち着く目の細かさにこだわっています。視界を適度に遮ることで災害時でも猫さんが落ち着きやすいようになっています。さらに、内袋・本体ともに、ひも付き両開きのファスナーなので、使い勝手も抜群です。

20160928_05
出典:FELISSIMO

4.手洗い可

手洗いできる素材になっているので、猫さんが粗相してしまっても安心です。

5.幅広のショルダーひも

5キロ前後の体重でも支えやすいように、調節可能な幅広のショルダーひもを使用しています。(耐荷重は10kg)ショルダーひもは、サイドポケットに収納可能でお部屋に置いておくときも猫が入りやすい仕様になっています。

20160928_06
出典:FELISSIMO

「抱っこするように一緒に行動できる キャットキャリーバッグ」は、フェリシモ猫部さんが獣医さんと一緒に考えた、こだわりのキャットキャリーバッグです。

抱っこするように一緒に行動できるキャリーバッグ

4月に起こった熊本地震の影響で、私も愛猫との非難を余儀なくされました。といっても、私の場合は自家用車があったので車中泊です。普段は抱っこ嫌いの愛猫がずっと私の腕にしがみついて離れようとしなかったことを今でもよく覚えています。プラスチック製のキャリーバッグには一切入ろうとしませんでした。

20160928_07
出典:FELISSIMO

災害が起きてしまった時に、人間がショックを受けてパニックになるように、ペットも敏感にそれを察知します。そんな時に、ぬくもりを感じられるキャリーバッグがあると、ペットも飼い主も安心するのではないかなと感じました。

抱っこするように一緒に行動できる キャットキャリーバッグ
1個 ¥6,800+税
うち204円は「フェリシモの猫基金」として飼い主のいない動物の保護と里親探し活動、野良猫の過剰繁殖防止活動などに運用されます。

人気のねこ

ねこワード