【衝撃と感動】義足をものともしない猫さんの階段の下り方が話題に

20160306_02
出典:BuzzFeed

義足の猫さんの名前は”ブーツ”。

 

生後10日前後で保護された時には、後ろの両方の足がなかったそうです。今となってはその理由は、推察するしかありませんが、「人為的なものではなく、事故だったと信じたい」そう語る飼い主さん。そんな飼い主さんに引き取られ、義足が与えられることになりました。

 

飼い主さんと出会い、義足を与えられたブーツですが、飼い主さんを追いかけて階段を下りる映像が、驚きというか……とても感動的なのです。

 

義足の猫さんの歩く様子

階段を下りる前に、もちろん歩く練習から始まりました。

20160306_03
出典:YouTube

義足を与えられたばかりのブーツ。今から歩く練習が始まります。

 

20160306_04
出典:YouTube

最初は少し慣れない様子で、あたりを見回したり、地面を確認したりしています。

 

20160306_05
出典:YouTube

大丈夫かな?…と、動画を見ながら心配していると、そこではたと立ち止まり、おもむろに地面の感触を確認するかのようにしっかりと歩き始めます。

 

ブーツ頑張って…と応援せずにはいられません。

こんなにぎこちない様子だったのに、トレーニングを重ね、階段を下りられるまでになりました。その様子が、見事過ぎて本当に驚き…というか衝撃です。

 

義足の猫さんの階段を下りる様子

いよいよブーツが階段を下りていきます。歩く練習の動画を見ていると特に「危なくないかな?」と心配していますが、果たして……

20160306_07
出典:YouTube

階段の先へ行くは、飼い主さん。ブーツに「よしよし」と軽く挨拶してから、階段を下りて行きます。

 

20160306_08
出典:YouTube

その様子を見て、少しソワソワし始めるブーツ。

 

20160306_09
出典:YouTube

周りを見回したりしながらも、階段を……!!

 

20160306_10
出典:YouTube

とりゃ!!

なんと逆立ちのまま、階段を下りていくのです。それも、かなりスマートに。

 

義足をカバーするかのようなたくましい下り方に、驚きと同時に感動です。

 

飼い主さんによると、やはり最初は、義足を使って歩くトレーニングは大変だったそうです。でもそういった時期を乗り越え、階段の下り方もマスターして、もうすっかり使いこなしているのだそう^^

 

人気のねこ

ねこワード