スコティッシュフォールドの値段、性格、病気などについてまとめてみました!

耳が折れている姿が可愛らしいスコティッシュフォールド。

ずっとランキング上位にいる猫ちゃんなんですが、いざ飼うとなると色々とわからないことが出てくると思います。

そんなスコティッシュフォールドの気になる値段、性格、病気などについてまとめてみました。

スコティッシュフォールドの歴史

スコティッシュフォールドの値段、性格、病気などについてまとめてみました!
出典:「Neko Cafe MICO」
スコティッシュフォールドという名前は、英語で「スコットランドの折れ曲がり」という意味です。

世界中で知名度が高いスコティッシュフォールドの歴史は、1961年にスコットランドの中部の農場で産まれた、一匹の「スージー」と名づけられた白い猫から始まったと言われます。

「スージー」はどれだけ成長しても、兄弟達と違い耳は垂れたままでした。

後に産まれた「スージー」の子どもたちの中にも、耳が垂れたままの子がいました。

猫好きの近所に住んでいるロス夫婦は、耳が垂れているのは遺伝性のものだと気付き、耳が垂れたままの子猫の内一匹を貰い受けました。

夫婦は、この遺伝子を広めようとプリティシュショートヘアーと交配させ、見事に耳が垂れたままの猫が産まれました。

その後、遺伝学者によってアメリカンショートヘアと交配させ産まれたのが現在のスコティッシュフォールドと言われています。

奇形や骨格障害の遺伝が残るというリスクがあるから、品種登録されてなかったのですが、遺伝学者が品種改良を続けた結果、1978年にCFAに承認されました。

しかし、今だにFIFeとGCCFには認められていません

スコティッシュフォールドの5つの性格

スコティッシュフォールドの値段、性格、病気などについてまとめてみました!
出典:「Neko Cafe MICO」
①優しく人懐っこい

とても優しく、知らない人にもすり寄っていくくらい人懐っこいです。

人や環境に馴染みやすいので、初めて猫を飼う方にはおすすめします。

人懐っこい性格なので、多頭飼いの場合でも安心して飼うことが出来ます。

②甘えたがり

人と一緒にいる時間が大好きな愛くるしい猫です。

とても甘えん坊な性格なので、たくさんかまってあげてください。

メスとオスで言えば、オスの方が甘えん坊が多いと言われています。

③構ってもらえない時間が続くとストレス

とても甘えたがりな性格なので長時間留守にしたり、構ってあげない時間が長くなるとストレスを感じてしまいます。

少しでも時間ができたら遊んであげてくださいね。

④マイペース

マイペースでおとなしいし、暴れたりしないので、マンションに住んでいる方にもおすすめです。

温和でマイペースな性格なので、ひょうきんな子が多いです。

⑤遊びたがり

大人になっても遊びたがるので、猫とたくさん遊びたい飼い主さんにはおすすめです。

遊んでとかまってちゃんを発揮することもあります。

スコティッシュフォールドの平均寿命

猫の平均寿命は、一般社団法人ペットフード協会によると、14.4歳となっています。

スコティッシュフォールドの平均寿命は、

10~13歳

なので、一般の猫の平均寿命よりは少し短めです。

しかも、内臓疾患を抱えている場合は、もっと寿命は短くなります。

スコティッシュフォールドは短命の印象がありますが、少しでも長く生きててもらうために、ブリーダーやペットショップ選びは慎重に判断してください。
しかし、室内飼いで体調の管理、食事の管理がちゃんと出来ていれば、20歳まで生きたスコティッシュフォールドもいるそうです。

スコティッシュフォールドの平均値段

Kyokoさん(@miu618)が投稿した写真

スコティッシュフォールドの平均値段は、

10万~20万円前後

しかし、耳が完全に折れている、ロング、ショート、両親の血統で変動します。

とてもしっかりとした血統、丸い顔、耳が完全に折れ曲がっているなどのスコティッシュフォールドは、40万円近くする場合があります。

ペットショップで購入するよりも、ブリーダーで購入したほうが手数料等がかからないので多少安くなります。

飼育費の目安は、月額約5000円かかり、年間で約80000円最低でもかかります。

飼う時は、慎重に調べて飼うことをおすすめします。

スコティッシュフォールドの平均体重

まるさん(@maru_0117)が投稿した写真

オスの平均体重は、3kg~6kgです。

メスの平均体重は、2.5kg~4.9kgです。

一般的な猫とあまり変わらない体重です。

成猫の理想の体重は、1歳の時の体重と言われているので、肥満にならないように食事の管理をしっかりしてくださいね。

スコティッシュフォールドがなりやすい3つの病気

Simply Clever
出典:fbazhenov「Simply Clever」www.flickr.com/photos/23265603@N03/2226647658
①内臓疾患

スコティッシュフォールドは、他の品種の猫よりも内蔵に疾患を抱えている子が多いです。

内臓疾患は、プロが見ても外見から特定することが出来ません。

成長していく過程で内臓疾患の症状が現れてくるので、飼い主さんが気付くことが多い様です。

内臓疾患は正しい繁殖や交配ができていれば発症しません。

遺伝子が関わってくる病気なので、信頼できるブリーダーやペットショップで購入することが大事です。

②遺伝性骨形成異常症

遺伝性骨形成異常症は、猫の中でスコティッシュフォールドだけがかかるとされている遺伝性の病気です。

生後3ヶ月~2年くらいの間で発症します。

骨の変形、強い痛み、歩けなくなる、身体を触ると嫌がる箇所があるなどの症状が見られた場合は、すぐ病院に連れて行ってください。

折れ耳同士の交配は、内臓疾患になる確率が非常に高いので、交配を考えている方は注意してください。

③耳の病気

折れ耳の子は、耳が垂れているので通気が悪く湿度が高いです。

そのため、細菌などが繁殖しやすい環境なので、外耳症などの病気になりやすいです。

日頃のお手入れで予防してあげてください。

しかし、耳はとてもデリケートなので優しく正しいケアをしてあげましょう。

スコティッシュフォールドの立ち耳

そぎ松さん(@sogimatsu)が投稿した写真

折れ耳が特徴的なのですが、立ち耳の子もいます。

折れ耳の子は、病気が心配だけど、愛くるしい性格のスコティッシュフォールドは飼いたいという方には、立ち耳の子がおすすめです。

折れ耳の子は、遺伝子に少し問題があるので病気になりやすいと言われています。

しかし、立ち耳の子は、遺伝子に問題がないのですごく健康的です。

折れ耳の子がなりやすい耳の病気や、骨の病気などにはなりにくいです。

猫の病気を心配している方は、立ち耳の子を検討してみてください。

子猫の可愛い画像

ぷりんさん(@purinworld.fk)が投稿した写真

玩具に夢中になっている姿は可愛いです^^
飼い主さんにゲットされてしまいましたね(笑)

@yoshi_1331が投稿した写真

生後二週間のスコティッシュフォールドです^^
成長したらどんな子になるんでしょうね^^

tonoさん(@tono20160529)が投稿した写真

一点を見つめる姿は愛らしいです^^
降りれなくなったのかな?(笑)

こんな可愛い顔をするんですね^^
飼い主さんが羨ましい!!

monacaさん(@monyastagram)が投稿した写真

とても可愛らしい後ろ姿ですね^^
どこに向かおうとしてるんでしょうね^^

ASAさん(@asa_sr)が投稿した写真

何かを狙っているんでしょうか^^
後ろの猫ちゃんも気になります(笑)

人気のスコティッシュフォールドについてのまとめ

スコティッシュフォールドは人気があってとても飼いやすい猫ちゃんです。

立ち耳と垂れ耳では、こんなにもなりやすい病気に差がでるんですね。

スコティッシュフォールドを飼いたいと思っている方は、是非参考にしてください^^

人気のねこ

ねこワード